コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳村伊十郎(3世) よしむらいじゅうろう[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芳村伊十郎(3世)
よしむらいじゅうろう[さんせい]

[生]寛政11(1799)
[没]安政1(1854)
長唄唄方。3世芳村伊三郎 (2世伊十郎) の門弟で五郎治。芋屋を家業としていたため,芋五郎と呼ばれた。のち吉住小八となり,文政7 (1824) 年3世伊十郎を襲名。事情があって芳村姓を返上し,2世吉住小三郎となった。天保年間 (1830~44) 頃の名人といわれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の芳村伊十郎(3世)の言及

【富士田音蔵】より

…1841(天保12)2世を襲名。声量豊かで美声であったことから〈美音の音蔵〉と呼ばれ,岡安喜代八,3世芳村伊十郎とともに天保の三名人に数えられている。中村座,市村座の立唄として活躍。…

【吉住小三郎】より

…初名芳村五郎治。その後,吉住小八,3世芳村伊十郎,花垣五郎三郎を名のり,1846年(弘化3),2世吉住小三郎を襲名。もと江戸の四谷で芋屋を営んでいたことから〈芋五郎の小三郎〉と呼ばれた。…

※「芳村伊十郎(3世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

芳村伊十郎(3世)の関連キーワード安政

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android