コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茅原華山 かやはら かざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茅原華山 かやはら-かざん

1870-1952 明治-昭和時代の評論家。
明治3年8月3日生まれ。改進党系の「東北日報」記者のあと,自由党系新聞の記者をつとめ,明治37年万朝報(よろずちょうほう)に入社。大正2年石田友治と「第三帝国」を創刊,民本主義をとなえた。9年個人雑誌「内観」を発刊。昭和27年8月4日死去。82歳。東京出身。本名は廉太郎。著作に「動中静観」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かやはらかざん【茅原華山】

1870‐1952(明治3‐昭和27)
ジャーナリスト評論家。東京牛込に生まれる。父の死後,小学校を中退して逓信省太政官小舎人となって一家を支えながら苦学漢詩文美文で知られるにいたり,1892年の《東北日報》を振出しに,《山形自由新聞》《人民新聞》《長野新聞》などで論説記者,主筆として活躍。1904年,万朝報社に入り,翌年から同社海外通信員として8年間,欧米を中心に世界各地を訪れる。帰国後,大正政変に際し〈民本主義〉と〈小日本主義〉(満韓放棄論)を説いて活躍,13年旬刊誌《第三帝国》を創刊して,地方青年の啓蒙と組織化につとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茅原華山
かやはらかざん
(1870―1952)

新聞記者、評論家。本名は廉太郎(れんたろう)。旧幕臣の子として東京に生まれる。家運没落のため小学校を中退し、以後は独学。1892年(明治25)『東北日報』記者となったのを振り出しに、新聞界に入る。『山形自由新聞』『人民』『長野新聞』『電報新聞』を巡り、しだいに文名を高めた。1904年(明治37)『萬朝報(よろずちょうほう)』に入社。幸徳秋水(こうとくしゅうすい)ら辞職後の言論欄を担当した。約5年間欧米に遊んだのち、『萬朝報』紙上で民本主義と小日本主義を主唱し、青年学生層に強い支持を得た。また1913年(大正2)、石田友治(1881―1942)らの青年を率いて『第三帝国』を創刊し、進歩的論陣を張った。第一次世界大戦後は思想状況の変化のなかで彼の思想的魅力は薄れ、一時ほどの人気はなくなったが、多くの著作を残した。[有山輝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

茅原華山の関連キーワード久津見蕨村石田 友治斯波 貞吉斯波貞吉昭和時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茅原華山の関連情報