コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶花 チャバナ

3件 の用語解説(茶花の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐ばな【茶花】

茶室の床(とこ)に生ける花。季節に応じた花を投げ入れの方法で生ける。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゃばな【茶花】

茶席の床に生ける花。また、それに用いるにふさわしい花。四季の花を用いるが、香りの強いものは嫌う。新鮮で佗わびのあるものをよしとする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茶花
ちゃばな

茶席にいける花の総称。仏前供花(ぶつぜんくげ)である立花(りっか)や、会所や書院での五具足(ごぐそく)飾り・三具足(みつぐそく)飾りに用いられる花瓶(かへい)の花とは基本的に異なるもので、一定の法式をもたないことを特色とする。茶花とは、千利休(せんのりきゅう)によって「花は野にある様」(利休七則)といわれているように、自然の風情のままに投げ入れることを根本としている。茶会の趣向に応じて、床に掛物と花の両方を同時に置く場合や分離する場合、または夜咄(よばなし)の会のように石菖(せきしょう)の鉢を置いたり、灯心の先に生じる燃えかすのかたまりを鑑賞する灯花などさまざまである。茶席の花は、草庵(そうあん)茶の祖村田珠光(じゅこう)によって「花のこと、座敷よきほとかろかろと有べし」(「お尋ねのこと」)といわれ、利休によって「小座敷の花ハかならず一色を一枝か二枝かろくいけたるがよし」(『南方録(なんぽうろく)』)といわれているように、軽く入れることを眼目としている。また茶席は季節によって炉(ろ)と風炉(ふろ)に分かれるが、茶花も季節に応じて、草花を多く入れる夏の風炉の風情、椿(つばき)などの木の花を一輪入れる炉の風情など、季節感をたいせつにする。茶花には禁花(きんか)といって、いけることを好まない花もある。西洋の花が好まれないのはもちろんであるが、『南方録』に「花入に入さる花ハちんちやうげ(沈丁花)太山(たいさん)しきミ(深山樒(みやましきみ))にけいとう(鶏頭)の花」「女郎花(おみなえし)さくろ(柘榴)かう骨(河骨)金銭花せんれい花をも嫌也(きらうなり)けり」とあるように、変化の乏しい花、名称の悪い花、香りの強い花、刺(とげ)のある花などは嫌われている。
 茶花として古くからもっとも多く用いられているのは、『松屋会記(まつやかいき)』や『天王寺屋会記(てんのうじやかいき)』によると、椿、梅、菊、水仙(すいせん)花であった。夏季の種類の多い時節とは異なり、冬季の花は種類が限られるため、使用頻度が多くなるのは当然のことであろう。このほか、柳、石竹(せきちく)、萩(はぎ)、朝顔、桃、桔梗(ききょう)、芍薬(しゃくやく)、山吹、海棠(かいどう)、カキツバタなどの名をみることができる。ともあれ茶花は、それを入れる花入れとの調和を考慮しながらいけるということがたいせつであると考えられている。[筒井紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の茶花の言及

【いけばな】より

…富春軒が草体の立花であるとした〈砂之物〉は立花の変形で,かつての前栽の流れをくむものであるが,盤に立てられた横に構成が展開されていく形式のもので,大住院の作品にはこの形式による大作が多い。
[生花(いけはな)と抛入花(なげいれはな)]
 室町期に立花に対して,法式を定めず自由なかたちにいれるものとされていた〈なげいれはな〉は,安土桃山期に茶の湯のいけばな,茶花として千利休によって確かな地位が与えられた。元禄期の町人たちのあいだには,立花とともに茶の湯が流行していた。…

【茶道】より

…一方,南北朝内乱期に活躍した新興の大名たちは闘茶を愛好すると同時に,中国から舶載される器物類(唐物)をもって自分たちを飾り,唐物荘厳の流行を生んだ。ことに《太平記》の伝えるところでは,佐々木高氏(道誉)は茶,花,香を組み合わせた風流の会に中国製の美術・工芸品を並べ華美を尽くしている。 唐物を中心とする喫茶の方式は室町時代に入ると,〈書院造〉の完成によって武家儀礼の一部に定着した。…

【抛入】より

…〈小座敷・囲などの小床〉とは,茶の湯の座敷における床の間のことである。茶の湯の盛行にともない,風情を心得とするいけばなが求められ,なげいれは茶花(ちやばな)とよばれ普及をみた。《華道全書》(1717刊)に〈抛入は茶の湯に用い来れり〉とあり,その事情は知られよう。…

※「茶花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

茶花の関連キーワード織部窓季節回遊中釘洞床室床空生け季節品茶掛釣花生け瓶花

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茶花の関連情報