コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶音頭 ちゃおんど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茶音頭
ちゃおんど

地歌・箏曲の曲名。「茶の湯音頭」「茶尽し伊勢音頭」ともいう。京風手事物菊岡検校作曲。箏手付は八重崎検校。伊勢屋三保作曲,横井也有作詞の端歌物『女手前』を原曲とし,詞章を縮小して新たに節づけし,手事を加えたもの。茶の湯で用いる道具などを綴りながら,遊女の情を歌う。構成は前弾き-前歌-手事 (手事・中チラシ・本チラシ) -後歌。中チラシを手事の2段とする流派もある。三弦は六下りから三下り。三味線音楽中の六下りの初出とされる。箏は中空調子から平調子。山田流では平調子で,1世または2世山木検校の移曲と伝える。西山徳茂一による二上りの替手もある。なお,この曲を伴奏に茶の湯を立てることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

茶音頭【ちゃおんど】

地歌,箏曲の曲名。菊岡検校作曲,八重崎検校箏手付の京風手事物。茶道具,茶室などを縁語でつづって男女の縁の末長いことを歌ったもの。この曲を演奏しながら茶をたてることもあるが,曲そのものとは関係ない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃおんど【茶音頭】

地歌・箏曲の曲名。《茶の湯音頭》とも。三弦は菊岡検校,箏は八重崎検校作曲の京風手事物。ただし現行の箏の手は流派や地域によって異なる。原曲は横井也有作詞・伊勢屋三保作曲の三弦曲の伊勢音頭の《女手前》で,その歌詞を縮約して手事を付けたもの。茶の湯にちなむ言葉をつなぎながら,遊女の心情を歌いこんでいる。曲名に〈音頭〉が付くが,それは原曲の伊勢音頭に由来するもので,いわゆる〈音頭物〉ではない。【久保田 敏子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゃおんど【茶音頭】

地歌の一。京都の菊岡検校けんぎよう作曲の三味線曲。歌詞は横井也有やゆう作詞の「女手前」を簡略にしたもの。茶の湯に関する語句を縁語でつづり、男女の縁の末長いことを歌う。八重崎検校が箏曲そうきよくに編曲したものもある。茶の湯音頭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茶音頭
ちゃおんど

地歌(じうた)、箏曲(そうきょく)の曲名。『茶の湯音頭』ともいう。本来は生田(いくた)流の曲だが、山田流でも演奏する。明治初期の作品で、菊岡検校(きくおかけんぎょう)作曲。その後、八重崎(やえざき)検校によって替手風の箏(こと)の手がつけられた。地歌に俳人横井也有(やゆう)作詞の伊勢(いせ)音頭につくった『女手前』というものがあり、この文句を整理し、別の曲をつけたものである。茶の湯の道具や茶室の名称にかけて、男女の仲を歌ったものである。三絃(さんげん)の調弦は六下りという変わった調子を用いているが、手事(てごと)の終止部にのみその曲調の特質が表れる。後唄(あとうた)で、三絃は三下りになる。[茂手木潔子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

茶音頭の関連キーワード山木検校(2代)

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android