コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茜部荘 あかなべのしょう

3件 の用語解説(茜部荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

茜部荘【あかなべのしょう】

美濃国厚見(あつみ)郡の荘園。現岐阜市茜部が遺称地。当初厚見荘といい,881年奈良東大寺領となる。1214年の見作(げんさく)田(耕地)77町余で毎年八丈絹100疋・綿1000両を学侶(がくりょ)100口(こう)の衣服料として貢進。
→関連項目大井荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あかなべのしょう【茜部荘】

美濃国厚見郡(現,岐阜市茜部町)にあった東大寺領の荘園。818年(弘仁9)に酒人内親王が美濃国勅旨田厚見荘を東大寺に施入したことにより始まる。木曾川の乱流域に立地していることなどから荒廃するが,茜部荘と改号され,960年(天徳4)に東大寺別当光智によって再開発され四至が定められた。11世紀には臨時雑役賦課や加納田をめぐって国衙と東大寺の間で相論がくり返されるが,1056年(天喜4)の官宣旨,71年(延久3)の太政官符などによって不輸不入権を確立し,領域的荘園としての基礎を固めていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茜部荘
あかなべのしょう

美濃(みの)国厚見(あつみ)郡に存在した東大寺領荘園。現在の岐阜市南部の茜部を中心とした地域にあった。もと桓武(かんむ)天皇の勅旨田(ちょくしでん)であったが、809年(大同4)立券荘号(りっけんしょうごう)して厚見荘と号し、桓武天皇の皇女朝原内親王に譲られ、818年(弘仁9)その遺言によって東大寺に施入された。その後茜部荘と改号し、1103年(康和5)年貢を絹100疋(ぴき)、綿1000両と定め、学生(がくしょう)100人の衣装料にあてることとなった。施入時の面積は墾田(こんでん)117町339歩であったが、鎌倉時代初期の1214年(建保2)には見作田(げんさくでん)77町4反240歩と畠(はたけ)30町となった。1221年(承久3)の承久(じょうきゅう)の乱後、大江広元の第2子長井時広が地頭職に補任(ぶにん)され、以後その子孫が地頭職を伝領した。1223年(貞応2)には早くも地頭請所(うけしょ)が成立し、長井氏による在地支配が鎌倉末期まで継続したが、その間年貢の未進、遅済をめぐる所務相論がしばしば繰り返された。鎌倉幕府の滅亡により、1333年(元弘3・正慶2)後醍醐(ごだいご)天皇から地頭職が東大寺に寄進され、寺家一円支配が成立した。その後室町幕府によってふたたび地頭が補任され、1340年(興国1・暦応3)には東大寺と地頭の間で下地中分(したじちゅうぶん)が行われ、荘内の上村が領家方、本郷、下村が地頭方となった。東大寺は寺僧、公人(くにん)などを請負代官に任命して在地支配を行わせたが、守護以下の武士勢力の圧迫によって年貢額はしだいに減少し、その支配は文明(ぶんめい)年間(1469~1487)をもって終わった。[小泉宜右]
『『岐阜県史 通史編・中世』(1969・岐阜県)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の茜部荘の言及

【境相論】より

…また対国衙領以外に,荘園相互間や荘園と在地領主の私領との間の境相論も頻発していた。東大寺領美濃国茜部荘(あかなべのしよう)では,1117年(永久5)に西堺をめぐって源光国の私領鶉郷との境相論,41年(永治1)に東堺をめぐって大教院領市橋荘との相論,その翌年には南堺をめぐる尾張国衙領との相論,北堺をめぐっては故二位家領平田荘加納との相論というように,相次ぐ境相論に直面している。鎌倉幕府の成立に伴い,境界紛争の処理についての中世的体制が確立したが,それは次のようなものであった。…

【不輸不入】より

…大山荘では1042年(長久3)〈四至の内,国使入勘すべからず〉との宣旨を獲得した。また東大寺領の美濃国茜部(あかなべ)荘では,53年(天喜1)荘司住人らは四至に牓示(ぼうじ)を打ち検田,収納,四度使の入勘と国郡差課の雑役の停止を申請し,翌年官宣旨によって認可された。この段階での不入権の承認は,国郡司でなく中央政府によってなされているのが特徴である。…

※「茜部荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

茜部荘の関連キーワード加納藩岐阜市柳津美濃美濃焼うーたん各務吉雄各務吉宗土岐頼益希望社

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone