コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷坂峠 にさかとうげ

2件 の用語解説(荷坂峠の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕荷坂峠(にさかとうげ)


三重県南部、渡会(わたらい)郡大紀(たいき)町大内山(おおうちやま)と北牟婁(きたむろ)郡紀北(きほく)町紀伊長島(きいながしま)区の境にある峠。標高241m。宮(みや)川支流の大内山川上流域から熊野灘(くまのなだ)沿岸へ通じる旧熊野街道が越えた峠。かつては難路で知られたが、現在は北約100mを国道42号がトンネルで抜け、JR紀勢(きせい)本線は大内山川の河谷から約2kmの長いトンネルで峠の南西側中腹に抜ける。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荷坂峠
にさかとうげ

三重県中南部、度会(わたらい)郡大紀(たいき)町と北牟婁(きたむろ)郡紀北(きほく)町との境にある峠。標高242メートルで、紀伊山地が熊野灘(くまのなだ)に向かって落ち込む所にあるため、峠の南は急傾斜で、海を見下ろす景観は雄大。熊野街道(国道42号)の難所の一つであったが、1967年(昭和42)に荷坂トンネルが通じて便利になった。並行して紀勢(きせい)本線が通じるが、1930年(昭和5)の開通まで2年5か月を要する難工事であった。2013年(平成25)峠の西方を紀勢荷坂トンネル(2986メートル)で抜ける紀勢自動車道が開通した。世界遺産「熊野古道」のルートの一つとなっている。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荷坂峠の関連キーワード豊受大神宮三重県尾鷲南紀度会・渡会度会奥伊勢木つつ木館村井恒蔵度会季茂度会常民

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone