コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊原琴治 きくはらことじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊原琴治
きくはらことじ

[生]1878.12.25.
[没]1944.3.25.
地歌箏曲家。本名布原徳太郎。4歳で失明して2世菊原の菊植明琴吉寿一の養子となり師事。2世菊仲繁寿一にも師事し,野川流三弦本手と生田流箏曲を伝承。当道音楽会本部長,箏曲音楽学校初代校長などを務め,文部省に女学校箏曲科設置を陳情。琴友会を主宰し,晩年には三弦本手の普及に努めた。作品に「菊原の四つ物」といわれる『摘草』『雲の峰』『最中の月』『銀世界』のほか,『春琴抄』『秋風の辞』などがあり,三弦曲への箏の手付も多数ある。娘の菊原初子 (1899~2001) は関西における地歌演奏の代表者として,1979年重要無形文化財保持者に認定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊原琴治 きくはら-ことじ

1878-1944 明治-昭和時代前期の地歌・箏曲(そうきょく)家。
明治11年12月25日生まれ。菊原初子の父。4歳で失明,菊植明琴の養子となる。2代菊仲繁寿一(しげじゅいち)から野川流三味線組歌を伝承し,関西箏曲界で活躍。昭和11年箏曲音楽学校を創立した。昭和19年3月25日死去。67歳。大阪出身。本名は布原徳太郎。作品に「摘草」「最中の月」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きくはらことじ【菊原琴治】

1878‐1944(明治11‐昭和19)
盲人の地歌箏曲家。大阪出身。本名は布原徳太郎。2世菊原吉寿一(後名菊植明琴,1835‐1913)の養子となり,師事のかたわら,菊仲繁寿一から野川流三味線組歌を皆伝される。菊筋の代表者として,昭和前期まで活躍。大阪市立盲啞学校教員,当道音楽会本部長などを歴任。文部省に女学校箏曲科設置の陳情運動も行い,その教員養成を目的とした箏曲音楽学校の初代校長を務めた。晩年は三味線組歌の保存と普及に力を入れ,録音も行ったが,病没

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菊原琴治の関連キーワード米川 文子(1代目)中島 絃教(5代目)米川 文子(初代)米川文子(1世)米川文子(初代)菊原 琴治菊県 琴松菊森 琴線菊原 初子菊平 琴声菊植 明琴嵯峨の秋米川文子残月小道八島

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android