コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落(ち)込む オチコム

デジタル大辞泉の解説

おち‐こ・む【落(ち)込む】

[動マ五(四)]
落ちて、中のほうへ入る。おちいる。「穴に―・む」
周囲より、その部分だけがへこむ。くぼむ。「やせて目が―・む」
成績・業績などが悪い状態になる。目立って下がる。「景気が―・む」
気持ちがめいる。ふさぎこむ。「失恋して―・む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

落(ち)込むの関連キーワードタイユンシャン(戴雲山)山脈ウツボカズラ(靫蔓)テベク(太白)山脈カード分類機社会福祉制度ケイ光X線ガーロ丘陵カーシ丘陵特性X線頭蓋骨折矢ノ川峠陥没骨折準環境景気成績周囲業績部分

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android