コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陥る/落(ち)入る オチイル

デジタル大辞泉の解説

おち‐い・る【陥る/落(ち)入る】

[動ラ五(四)]
落ちて中に入る。はまる。「深みに―・る」
望ましくない状態になる。「重態に―・る」「ジレンマに―・る」
相手の策謀にはまりこむ。計略にかかる。「敵の術中に―・る」
攻め落とされる。陥落する。「城が―・る」
死ぬ。息を引き取る。
「いつ―・りあそばすかも知れない」〈倉田出家とその弟子
深くくぼむ。へこむ。
「目皮(まかは)らいたく黒み―・りて」〈紅葉賀

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

陥る/落(ち)入るの関連キーワードオーバートレーニングペニシリンショック指し切る・指切る退っ引きならない死線をさまよう糖尿病性昏睡危殆に瀕する進退維谷まる奸計・姦計低血糖昏睡自己暗示パニック自己嫌悪満腹中枢人事不省自己矛盾自家撞着前後撞着マンネリ中間休止

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android