コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉枯病(チモシー)

飼料作物病害図鑑の解説

葉枯病(チモシー)

春先から発生する葉枯性の糸状菌病。葉の先端付近から淡褐色、長方形から長楕円形、大きさ2ー5×1ー2mm程度の病斑が形成される。病斑周辺は黄化することが多い。多発すると病斑が相互に融合し、葉枯を引き起こす。病原菌はヘルミントスポリウム菌で、チモシーにのみ寄生する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

葉枯病(チモシー)の関連キーワード褐条葉枯病(バミューダグラス)葉枯病(アルファルファ)GMイネとディフェンシンすす葉枯病(シコクビエ)葉枯病(アカクローバ)斑点病(トウモロコシ)遺伝子組換え植物パメラ ロナルドジャガイモ飢饉植物ウイルス病プロベナゾールヒメトビウンカ石灰硫黄合剤ハナショウブトウモロコシごま葉枯病逸見 武雄植物細菌病逸見武雄セレサン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android