コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉枯病(チモシー)

飼料作物病害図鑑の解説

葉枯病(チモシー)

春先から発生する葉枯性の糸状菌病。葉の先端付近から淡褐色、長方形から長楕円形、大きさ2ー5×1ー2mm程度の病斑が形成される。病斑周辺は黄化することが多い。多発すると病斑が相互に融合し、葉枯を引き起こす。病原菌はヘルミントスポリウム菌で、チモシーにのみ寄生する。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報