コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンマ キンマ

3件 の用語解説(キンマの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

キンマ

東南アジアの言語に由来するという。「蒟醤」とも書く》
コショウ科の蔓植物(つるしょくぶつ)。葉は厚く、心臓形。雌雄異株。黄色の花を穂状につける。インドの原産で、東南アジアにかけて広く栽培される。葉は辛味と芳香があり、石灰ビンロウジの種子を包み、かんで口中清涼剤にする。
タイ・ミャンマー産の漆器。また、その技法。素地は、多く竹を編んで作った籃胎(らんたい)で、黒漆塗りの表面に文様を毛彫りし、朱漆などの色漆を充填(じゅうてん)して研ぎ出したもの。日本には近世に伝わり、茶道具として珍重された。→象谷塗(ぞうこくぬり)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

蒟醤【きんま】

竹を編んだ素地に漆を塗り,これに模様を線刻し色漆を塗ってとぎだした漆器。中国の沈金の影響を受けてタイで作られたが,16世紀以降はミャンマーが主産地となった。近世以降日本に輸入され,茶人の間で珍重された。
→関連項目漆器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒟醤
きんま

漆加飾技法の一種。金間、金磨、金馬の字もあてる。タイのチェンマイ地方、ラオス、ミャンマー(ビルマ)で産し、中国に伝わって填漆(てんしつ)とよばれ、日本では茶人が香合(こうごう)、食籠(じきろう)に転用し愛好した。江戸末期、高松の玉楮象谷(たまかじぞうこく)(1805―69)はこの技を模し、優れた作品を残し、その伝統がこの地方の産業として今日まで栄えている。素地は主として竹を編んでつくった籃胎(らんたい)で、その表面に漆を塗り、文様を刀で線刻をして表し、この線刻の中に朱や青、黄などの彩漆(いろうるし)を埋め、研ぎ出したり、あるいはその上に漆を塗ってから研ぎ出したりする。意匠文様は、小花、葉文、十二支のような動物文、人物文をすきまなく連続文様で空間をうずめる。「きんま」の語源については、タイ語で檳榔樹(びんろうじゅ)の実をかむことをキンマークということに由来するという説(三木栄『暹羅之藝術(しゃむのげいじゅつ)』)や、キンマは南方産のつる草の葉のことで、それと檳榔子とを石灰にまぶしてかむ習慣があり、これらを入れる容器をわが国で「きんま」というようになったとする説(『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』)もある。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キンマの関連情報