蓄銭叙位法(読み)ちくせんじょいのほう

百科事典マイペディアの解説

蓄銭叙位法【ちくせんじょいのほう】

奈良時代の貨幣流通奨励策。711年発令。和同開珎(わどうかいちん)の流通が鈍かったので,それを流通させるため貯蓄したに応じてを与えることにした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちくせんじょいのほう【蓄銭叙位法】

奈良時代前期の銭貨普及策の一つ。和銅~養老年間(708‐724)の貨普及諸政策の一環として,711年(和銅4)10月に出された。銭を一定額蓄えた者に,その銭の政府への納入を条件として位を与えるもので,売位制度の一種ともいえる。その骨子は,正六位以上で10貫以上蓄銭したものはによって処分し,従六位~八位では10貫以上で1階,20貫以上で2階位を進め,初位では5貫ごとに1階進め,初位から従八位下に入るときには10貫を要することなどである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蓄銭叙位法
ちくせんじょいのほう

和銅(わどう)~養老(ようろう)年間(708~724)における銭貨普及のための諸政策の一環として、711年(和銅4)10月に出された法令。一定額の銭を蓄えてこれを政府に納めた者に対して一定の位を与える制度で、売位制度の一種といえる。当初は有位者のみを対象としたが、同年12月に、無位(むい)・白丁(はくてい)から有位者となる際の銭の額を定める追加法が出されて、この制限も取り払われた。同年11月、蓄銭の人に初めて位を叙したことがみえるのが、この法令の実施に関する唯一の例で、現実にどの程度実施されていたかは明らかでないが、和同開珎(わどうかいちん)の普及とともに行われなくなったと考えられる。

[栄原永遠男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちくせんじょい‐の‐ほう ‥ジョヰ‥ハフ【蓄銭叙位法】

奈良時代はじめの和銅四年(七一一)、銭貨の流通促進をはかるため出された法令。和銅元年の和同開の鋳造後、流通をはかるため、たとえば六位以下は一〇貫の蓄銭があれば一階、二〇貫で二階の位階を進めることとした。蓄銭叙位令。
※続日本紀‐和銅四年(711)一二月庚申「制蓄銭叙位之法、无位七貫、白丁十貫、並為入限

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の蓄銭叙位法の言及

【貨幣】より

…皇朝銭の鋳造地は武蔵・近江・山城・大和・河内・周防・長門の各地であった。律令政府は蓄銭叙位法を定め,銭貨を蓄えた者に対して位階を与えるとか,諸国から政府に上納していた庸・調を銭貨に代えるとか,官吏の禄を銭貨で与えるなど,銭貨の流布を図るために種々の対策を講じたが,律令政府の支配力が衰えるとともに,その鋳銭事業も乾元大宝を最後として打ち切られた。 皇朝銭の鋳造が停止されてから,物品貨幣(自然貨幣)の稲米布帛(とうべいふはく)が再び使用されるようになったが,平安末期から唐の銭貨が日本に流入し,鎌倉時代には宋銭,室町時代には明銭が輸入され,国内で通用した。…

※「蓄銭叙位法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android