コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩外記(初代) さつま げき

2件 の用語解説(薩摩外記(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薩摩外記(初代) さつま-げき

?-1672 江戸時代前期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
外記節(げきぶし)の創始者。薩摩外記藤原直政と名のる。慶安-明暦のころ江戸にでて薩摩の浄瑠璃をかたり,「下り薩摩」とよばれた。堺町で操座(あやつりざ)(外記座)をひらき,のち歌舞伎にも出演した。寛文12年4月3日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

薩摩外記(初代)

没年:寛文12.4.3(1672.4.30)
生年:生年不詳
江戸前期の外記節の創始者。薩摩外記藤原直政と名乗る。京都で知られたが,慶安2(1649)年江戸に下り,外記節を広めた。薩摩浄雲系統のものと区別するために「下り薩摩」と呼ばれた。初代の門弟薩摩文五郎大薩摩主膳太夫と名乗って歌舞伎に出演,大薩摩節をはやらせたが,外記節はおとろえ,のちにはともに長唄に吸収されていった。外記節は3代目が没した享保(1716~36)初年には絶えたが,薩摩座の名は明治5(1872)年まで続いた。

(竹内道敬)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

薩摩外記(初代)の関連キーワードオランダ戦争龍野城アジソン市村座貝おほひ酒田千宗左野麦峠ムント塔梁田蛻巌

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone