藍鉄鉱(読み)らんてっこう(英語表記)vivianite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藍鉄鉱
らんてっこう
vivianite

単斜晶系の鉱物。 Fe3(PO4)2・8H2O 。鉄は2価であり,ときに少量のマンガン (II) ,カルシウムマグネシウムなどにより置換される。新鮮な結晶は無色透明であるが,酸化により鉄 (III) 含量が増加し,暗青色ないし暗緑色を呈する。硬度 1.5~2,比重 2.68。酸に溶けやすい。ペグマタイトなどの酸化帯に産するほか,有機物などとともに堆積岩中に産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

らんてっこう【藍鉄鉱】

鉄の含水リン酸塩鉱物。単斜晶系。柱状結晶のほか、団塊状などさまざまな形を示す。無色透明。空気中では藍青色に変わる。金属鉱床やペグマタイトの酸化帯、粘土中の有機物の周囲などに産出。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藍鉄鉱
らんてっこう
vivianite

含水リン酸塩第一鉄鉱物の一つ。かつてメタ藍鉄鉱metavivianiteと同質異像関係にあるとされたが、この種においては、第二鉄が必須(ひっす)成分であることが合成実験などから確認され、同質異像関係は解消された。堆積(たいせき)岩中に団塊あるいは層状集合をなし、その中に細脈として発達することもある。またある種の熱水鉱脈鉱床、花崗(かこう)岩質ペグマタイト中にも産する。自形は平行四辺形の側面をもった板状、あるいは柱状をなし、中空あるいは緻密(ちみつ)な球顆(きゅうか)状集合をつくることもある。日本でのおもな産出は、兵庫県神戸市押部谷(おしべだに)の堆積岩中、栃木県足尾鉱山の熱水鉱脈中など。英名ビビアナイトは発見者であるイギリスの鉱物学者ビビアンJohn Henry Vivian(1785―1855)にちなむ。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

らん‐てっこう ‥テックヮウ【藍鉄鉱】

〘名〙 鉄の含水燐酸塩鉱物。単斜晶系。ふつうは暗青色土状をなす。〔鉱物字彙(1890)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android