コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原道綱母 ふじわらのみちつなのはは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原道綱母
ふじわらのみちつなのはは

[生]承平6(936)頃
[没]長徳1(995)
平安時代中期の女流歌人。『蜻蛉日記 (かげろうにっき) 』の作者。名は不明。父は藤原倫寧 (ともやす) 。 19歳頃と思われる天暦8 (954) 年右大臣師輔の子藤原兼家と結婚。翌年道綱を生むが,兼家には数人の妻があり,その後兼家の訪れが遠のき,彼女は父のもとで,子道綱の成長を楽しみに暮した。道綱はのちに大納言右大将となった。自伝的に書かれた『蜻蛉日記』は天延2 (974) 年で終っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじわらのみちつな‐の‐はは〔ふぢはらのみちつな‐〕【藤原道綱母】

[?~995]平安中期の歌人。倫寧(ともやす)の娘。藤原兼家の妻となり、右大将道綱を生んだ。「蜻蛉日記」の作者。家集に「道綱母集」がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

藤原道綱母【ふじわらのみちつなのはは】

平安中期の歌人,日記作者。伊勢守藤原倫寧(ともやす)の女。菅原孝標女は姪。後に摂政・関白となった藤原兼家と結婚して道綱を生んだので道綱母と呼ばれる。右大将道綱母とも。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原道綱母 ふじわらの-みちつなの-はは

?-995 平安時代中期の歌人。
藤原倫寧(ともやす)の娘。母は藤原春道(一説に源認(みとむ))の娘。藤原兼家と結婚して道綱を生み,傅(ふの)大納言母,傅殿母などともよばれる。「蜻蛉(かげろう)日記」の作者として著名。中古三十六歌仙のひとりで,歌は「拾遺和歌集」などにはいっている。本朝三美人にもかぞえられた。長徳元年5月2日,60歳ほどで死去。家集に「道綱母集」。
【格言など】嘆きつつひとり寝(ぬ)る夜の明くる間はいかに久しきものとかは知る(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原道綱母

没年:長徳1.5(995)
生年:承平6頃(936)
平安時代の歌人,日記文学作者。父は 文章生出身で伊勢守などを歴任した藤原倫寧。母は刑部大輔源認の娘と伝えられるが異論もある。弟に歌人として知られる藤原長能,姪に『更級日記』作者の菅原孝標女 がいる。天暦8(954)年,政治的実権を握りつつあった右大臣藤原師輔の3男で,当時右兵衛佐の職にあった藤原兼家から求婚され,やがて結婚。のちに摂政太政大臣に至る権門貴族の御曹司との玉の輿的な婚姻だったが,兼家にはすでに時姫という妻があり,長男道隆も生まれていた。当初しばらくは兼家の来訪も頻繁で,幸福な夫婦生活が続き,同9年には兼家にとって次男にあたる道綱を出産したが,やがて新しい女の出現などとともに夫の足は遠のきがちとなり,以後不本意な結婚生活になった。 その間,天禄2(971)年には西山の寺に長らく籠り続けたあげく兼家によって強引に連れ戻されるなど,さまざまな事件があったが,道綱のほかに子供に恵まれず,道隆のほかにも道長や詮子など多くのすぐれた子女を生んで正妻の地位を確立した時姫についに対抗することができなかった。そのような兼家との生活の満たされなかった思い出を中心にまとめられたのが『蜻蛉日記』である。冒頭に宣言されているように,虚構の「古物語」に対して,ありのままの自分自身の「めづらしき身の上」だけに主題を絞って書かれた初めての女流日記文学として,その文学史的意義はきわめて大きく,また,和歌との融合や自然描写など,仮名散文の表現の展開の上でも,のちの『源氏物語』につながる作品として大きな意味を持っている。歌人としても知られ,『蜻蛉日記』にもみえる「嘆きつつ一人寝る夜の明くる間はいかに久しきものとかは知る」など37首が『拾遺集』以下に入集。中古三十六歌仙のひとりであり,のちには本朝三美人のひとりともされた。<参考文献>増田繁夫『日本の作家9/右大将道綱母』

(山本登朗)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのみちつなのはは【藤原道綱母】

935ころ‐995(承平5ころ‐長徳1)
平安中期の女流歌人,日記作者。右大将道綱母ともよばれる。伊勢守藤原倫寧(ともやす)の女。後に摂政・関白となった藤原兼家と結婚して道綱を生んだので道綱母と呼ばれる。天暦8年(954)から天延2年(974)まで21年間の兼家の妻としての悲喜哀歓を記録した《蜻蛉日記(かげろうにつき)》は女流日記文学の代表的名作である。歌人としても高く評価され,《拾遺和歌集》以下の勅撰集に36首入集,《大鏡》に〈きはめたる和歌の上手〉と讃えられたほか,諸書に顕彰される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふじわらのみちつなのはは【藤原道綱母】

936頃~995) 平安中期の歌人。菅原孝標女の伯母。藤原兼家に嫁し、右大将道綱を生む。拾遺和歌集以下の勅撰集に三六首入集。著「蜻蛉日記」、家集「道綱母家集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原道綱母
ふじわらのみちつなのはは
(?―995)

平安中期の歌人。父は正四位下藤原倫寧(ともやす)、母は『尊卑分脈(そんぴぶんみゃく)』などに刑部大輔(ぎょうぶのだいぶ)源認(みとむ)の女(むすめ)とするが、通説は主殿頭(とのものかみ)春通女。実名は不明なので、父の名から倫寧女(ともやすのむすめ)、またはその生んだ子の名によって、道綱母、傅大納言母(ふのだいなごんのはは)、傅殿母(ふのとののはは)などとよばれている。異母弟に歌人として知られた長能(ながよし)があり、また『更級(さらしな)日記』の作者はその姪(めい)である。
 道綱母は、早くから歌人として著名であり、『拾遺(しゅうい)集』以下の勅撰(ちょくせん)集に38首が入集(にっしゅう)し、その家集に『傅大納言殿母上集』(『道綱母集』とも)がある。またその結婚生活を晩年に回想した『蜻蛉(かげろう)日記』は、平安時代の女流文学の代表的作品の一つとされている。当時の他の女流作家が、いずれも宮中などに仕えた女房であったのに対して、ただ1人家庭にあった作家としても特色をもつ。
 道綱母の40歳ごろまでの生活は『蜻蛉日記』に詳しい。それによると、20歳ごろの954年(天暦8)に、当時第一の権勢家の右大臣藤原師輔(もろすけ)三男の兼家(かねいえ)と結婚し、翌年道綱を生んだ。『百人一首』にもとられて有名な「嘆きつつひとり寝(ぬ)る夜の明くる間(ま)はいかに久しきものとかは知る」は、結婚生活2年目に、兼家が他の妻に夢中になって訪れなかったときに詠んだものである。『蜻蛉日記』のなかでは、夫の足が絶えがちなのを嘆き続け、「三十日三十夜(みそかみそよ)はわがもとに」と願った話はよく知られる。兼家の早くからの妻の藤原時姫(ときひめ)とその北の方の地位を争ったが、多くの子女に恵まれた時姫を超えることはできなかった。そのため初瀬や石山等に物詣(ものもうで)を重ね、出産を祈ったがかなわず、40歳ごろに、通うこともまれになった夫から身を退(ひ)いて、晩年鴨河(かもがわ)近くの中河の屋敷で過ごした。その後、986年(寛和2)の内裏歌合(だいりうたあわせ)に道綱の代作を出詠するなど、歌人として活躍していたが、995年(長徳1)5月初めごろ60歳余で没した。[増田繁夫]
『岡一男著『道綱母――蜻蛉日記芸術攷』(1970・有精堂出版) ▽増田繁夫著『日本の作家9 右大将道綱母』(1983・新典社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の藤原道綱母の言及

【蜻蛉日記】より

…平安朝の日記文学。作者は右大将藤原道綱母。上・中・下3巻より成る。…

※「藤原道綱母」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原道綱母の関連キーワード藤原倫寧女女流文学日本文学藤原登子玄々集鳴滝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android