コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内覧 ないらん

5件 の用語解説(内覧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内覧
ないらん

摂政や関白,または特に宣旨を受けた大臣,大納言が,太政官から天皇に奏上する公文書を,奏上の前に内見し政務を代行すること,またはそれを行う者をいう。平安時代中期から始った。円融天皇のときの藤原兼通一条天皇のときの藤原道長などがこの例で,彼らはその後,摂政となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ない‐らん【内覧】

[名](スル)
内々で見ること。「重要書類を内覧する」
内見2」に同じ。
平安時代以降、太政官から天皇に奏上する文書を、摂政関白または宣旨を受けた大臣が前もって読んで処置すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ないらん【内覧】

太政官から天皇に奏上する文書,または天皇の裁下する文書を内見すること,またその職を与えられた者をいう。平安時代前期,宇多天皇が譲位に当たり,大納言藤原時平権大納言菅原道真に対し,新帝醍醐天皇を補佐し,万機の政を宣行すべき詔命を下したのが内覧の起源という。その後,平安時代中期に,権中納言藤原兼通が摂政を辞任した藤原伊尹に代わって公務勤行を命ぜられ,また権大納言藤原道長が兼通の例に倣って太政官より奏上の文書の内覧を命ぜられるなど,摂政関白の不在のとき,大臣あるいは大納言等に奏下いっさいの文書の内覧を命じる例が多くなり,内覧が摂政関白に準ずる一種の職名となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ないらん【内覧】

( 名 ) スル
内々で見ること。非公式に見ること。 「書類を-する」 「所望に任せて-に供すると云ふのである/渋江抽斎 鷗外
太政官から天皇に奏上する文書を、摂政・関白または特に宣旨を受けた者があらかじめ内見し、政務を代行すること。また、その人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内覧
ないらん

内々に見ること。内見(ないけん)。太政(だいじょう)官のなかの諸事、天皇に奏上すべき文書をまず内見して政務を処理すること、またその人をいう。平安時代、摂政(せっしょう)・関白は内覧の資格をもっていたが、摂関にならなくとも内覧の宣旨を受けた公卿(くぎょう)はこれを行った。醍醐(だいご)天皇のとき、左大臣藤原時平(ときひら)、右大臣菅原道真(すがわらのみちざね)が内覧であったのをはじめとして、藤原兼通(かねみち)、ついで藤原伊周(これちか)は父関白道隆(みちたか)が病の間、内覧宣旨を受け、藤原道長は一条(いちじょう)・三条(さんじょう)両天皇の時期に内覧であった。内覧より摂政・関白になることが多かったが(道長は関白にならず)、摂関とは別に内覧を置く場合もあり、関白忠通(ただみち)のとき内覧となった左大臣頼長(よりなが)の例などがあげられる。江戸時代末期まで存続した。[山中 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内覧の関連キーワード官奏内奏奏賀奏状奏瑞太政官牒密奏召名公式様文書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内覧の関連情報