コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤間勘右衛門 ふじまかんえもん

2件 の用語解説(藤間勘右衛門の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふじまかんえもん【藤間勘右衛門】

歌舞伎振付師,俳優。(1)初世(1813‐51∥文化10‐嘉永4) 7世市川団十郎の門弟で,のち藤間勘十郎の門に入り振付師に転じた。(2)2世(1840‐1925∥天保11‐大正14) 亀三(かめさ)勘十郎に師事し9世市川団十郎の知遇を得て,20世紀初頭の名振付師となった。一時6世西川扇蔵をついだ。おもな振付に《鏡獅子》《お夏狂乱》がある。(3)3世 2世の養子7世松本幸四郎1917年に襲名。(4)4世 3世の実子2世尾上松緑が1937年に襲名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の藤間勘右衛門の言及

【尾上松緑】より

…6世尾上菊五郎の門弟となり,1935年3月松緑を襲名。舞踊にも秀で,37年4月,父から藤間流の家元を継ぎ,藤間勘右衛門を名のる。75年藤間勘斎となり,家元を長男の藤間亨(尾上辰之助)に譲った。…

【藤間流】より

…83年6世の長女康詞(みちのり)が7世宗家を相続した。(2)勘右衛門家 7世市川団十郎の門弟市川金太郎が,のち2世藤間勘十郎(一説に3世勘兵衛とも)の門に入って振付師となり,初世藤間勘右衛門を名のったのが始めである。初世の実子2世勘右衛門は引退した初世花柳寿輔に代わって,明治劇壇の立振付師となり活躍,養子の7世松本幸四郎に3世勘右衛門をつがせ,自身は勘翁と改めたが,勘右衛門家の基盤はこの勘翁によって築かれた。…

※「藤間勘右衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

藤間勘右衛門の関連キーワードペグマタイトドゥーフ運営費交付金川尻浦の久蔵名古屋港蒲生君平浮世床浮世風呂蒲生君平ギニー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤間勘右衛門の関連情報