藤間勘右衛門(読み)ふじまかんえもん

世界大百科事典 第2版「藤間勘右衛門」の解説

ふじまかんえもん【藤間勘右衛門】

歌舞伎振付師,俳優。(1)初世(1813‐51∥文化10‐嘉永4) 7世市川団十郎の門弟で,のち藤間勘十郎の門に入り振付師に転じた。(2)2世(1840‐1925∥天保11‐大正14) 亀三(かめさ)勘十郎に師事し9世市川団十郎の知遇を得て,20世紀初頭の名振付師となった。一時6世西川扇蔵をついだ。おもな振付に《鏡獅子》《お夏狂乱》がある。(3)3世 2世の養子7世松本幸四郎が1917年に襲名。(4)4世 3世の実子2世尾上松緑が1937年に襲名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の藤間勘右衛門の言及

【尾上松緑】より

…6世尾上菊五郎の門弟となり,1935年3月松緑を襲名。舞踊にも秀で,37年4月,父から藤間流の家元を継ぎ,藤間勘右衛門を名のる。75年藤間勘斎となり,家元を長男の藤間亨(尾上辰之助)に譲った。…

【藤間流】より

…83年6世の長女康詞(みちのり)が7世宗家を相続した。(2)勘右衛門家 7世市川団十郎の門弟市川金太郎が,のち2世藤間勘十郎(一説に3世勘兵衛とも)の門に入って振付師となり,初世藤間勘右衛門を名のったのが始めである。初世の実子2世勘右衛門は引退した初世花柳寿輔に代わって,明治劇壇の立振付師となり活躍,養子の7世松本幸四郎に3世勘右衛門をつがせ,自身は勘翁と改めたが,勘右衛門家の基盤はこの勘翁によって築かれた。…

※「藤間勘右衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android