藤間 勘右衛門(2代目)(読み)フジマ カンエモン

新撰 芸能人物事典 明治~平成 の解説

藤間 勘右衛門(2代目)
フジマ カンエモン


職業
日本舞踊家 劇場振付師

肩書
藤間流勘右衛門派2代目家元

別名
初名=藤間 金太郎,前名=西川 扇蔵(6代目),後名=藤間 勘翁

生年月日
天保11年 2月12日

出生地
江戸・湯島天神町(東京都)

経歴
父は初代勘右衛門。7代目市川団十郎に入門し、藤間金太郎を名乗る。父の死後亀三勘十郎に師事し振付師となる。安政5年2代目藤間勘右衛門を襲名、中村座付けとなる。慶応3年一時西川扇蔵の養子となり6代目西川扇蔵を名乗るが、明治4年旧名に戻る。20年9代目市川団十郎に重用され歌舞伎座の振付師となる。以来、明治・大正にわたって藤間流の全盛期をもたらし、大藤間・浜町藤間とも呼ばれた。大正6年養子・7代松本幸四郎に3代勘右衛門を継がせ、藤間勘翁改名。代表作は「素襖落」「二人袴」「お夏狂乱」「お七吉三」など。

没年月日
大正14年 1月23日 (1925年)

家族
父=藤間 勘右衛門(初代),養子=松本四郎(7代目 3代目勘右衛門)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

20世紀日本人名事典 の解説

藤間 勘右衛門(2代目)
フジマ カンエモン

江戸時代末期・明治期の日本舞踊家,劇場振付師 藤間流勘右衛門派2代目家元。



生年
天保11年2月12日(1840年)

没年
大正14(1925)年1月23日

出生地
江戸・湯島天神町

別名
初名=藤間 金太郎,前名=西川 扇蔵(6代目),後名=藤間 勘翁

経歴
父は初代勘右衛門。7代目市川団十郎に入門し、藤間金太郎を名乗る。父の死後亀三勘十郎に師事し振付師となる。安政5年2代目藤間勘右衛門を襲名、中村座付けとなる。慶応3年一時西川扇蔵の養子となり6代目西川扇蔵を名乗るが、明治4年旧名に戻る。20年9代目市川団十郎に重用され歌舞伎座の振付師となる。以来、明治・大正にわたって藤間流の全盛期をもたらし、大藤間・浜町藤間とも呼ばれた。大正6年養子・7代松本幸四郎に3代勘右衛門を継がせ、藤間勘翁と改名。代表作は「素襖落」「二人袴」「お夏狂乱」「お七吉三」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

改訂新版 世界大百科事典 の解説

藤間勘右衛門 (ふじまかんえもん)

歌舞伎振付師,俳優。(1)初世(1813-51・文化10-嘉永4) 7世市川団十郎の門弟で,のち藤間勘十郎の門に入り振付師に転じた。(2)2世(1840-1925・天保11-大正14) 亀三(かめさ)勘十郎に師事し9世市川団十郎の知遇を得て,20世紀初頭の名振付師となった。一時6世西川扇蔵をついだ。おもな振付に《鏡獅子》《お夏狂乱》がある。(3)3世 2世の養子7世松本幸四郎が1917年に襲名。(4)4世 3世の実子2世尾上松緑が1937年に襲名。(5)5世(1946-87・昭和21-62) 4世の実子尾上辰之助が1975年に襲名。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus の解説

藤間勘右衛門(2代) ふじま-かんえもん

1840-1925 幕末-大正時代の振付師,舞踊家。
天保(てんぽう)11年2月12/20日生まれ。初代藤間勘右衛門の子。7代松本幸四郎の養父。藤間流家元。安政5年2代を襲名。明治中ごろ9代市川団十郎の引き立てで歌舞伎座の振付師となる。一時6代西川扇蔵を名のったが,晩年は勘翁と改名。大正14年1月23日死去。86歳。江戸出身。

藤間勘右衛門(初代) ふじま-かんえもん

1813-1851 江戸時代後期の振付師,舞踊家。
文化10年生まれ。富士田勘右衛門(3代大薩摩(おおざつま)文太夫)の子。藤間流家元。7代市川団十郎の門弟で,市川金太郎の名で舞台にたつ。のち2代藤間勘十郎について振付師に転じ,弘化(こうか)2年父の名をついで勘右衛門を名のる。嘉永(かえい)4年8月15日死去。39歳。

藤間勘右衛門(3代) ふじま-かんえもん

松本幸四郎(まつもと-こうしろう)(7代)

藤間勘右衛門(4代) ふじま-かんえもん

尾上松緑(おのえ-しょうろく)(2代)

藤間勘右衛門(5代) ふじま-かんえもん

⇒尾上辰之助(おのえ-たつのすけ)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典 の解説

藤間 勘右衛門(2代目) (ふじま かんえもん)

生年月日:1840年2月12日
江戸時代;明治時代の振付師;日本舞踊家
1925年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説

藤間勘右衛門
ふじまかんえもん

藤間流」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の藤間 勘右衛門(2代目)の言及

【寒山拾得】より

…作曲4世吉住小三郎・3世杵屋(きねや)六四郎(2世稀音家浄観)。振付2世藤間勘右衛門。雪舟筆の墨絵の掛物から抜け出したという設定で,唐の仙人寒山と賢士拾得の枯淡洒脱な生活ぶりを描く。…

【素袍落(素襖落)】より

…狂言の《素袍落》に拠った松羽目物。作詞福地桜痴,作曲3世杵屋(きねや)正次郎,鶴沢安太郎,振付2世藤間勘右衛門。初演は太郎冠者を9世市川団十郎ほか。…

【藤蔭静樹】より

…幼時から舞踊を学び,1898年女役者の市川久女八(1846‐1913)を頼って上京,翌年入門して内田静枝を名のり,1903年女優として初舞台。その後舞踊家を志して09年2世藤間勘右衛門に入門。翌年藤間静枝の名を許され,また新橋に妓籍をおいて八重次の名で舞踊の師匠をも兼ねた。…

【松本幸四郎】より

…父の当り役をついだが,大成せずに早世。(7)7世(1870‐1949∥明治3‐昭和24) 2世藤間勘右衛門の養子となる。のち9世団十郎の門に入り,市川金太郎,染五郎,高麗蔵を経て,1911年幸四郎を襲名した。…

【尾上松緑】より

…6世尾上菊五郎の門弟となり,1935年3月松緑を襲名。舞踊にも秀で,37年4月,父から藤間流の家元を継ぎ,藤間勘右衛門を名のる。75年藤間勘斎となり,家元を長男の藤間亨(尾上辰之助)に譲った。…

【藤間流】より

…83年6世の長女康詞(みちのり)が7世宗家を相続した。(2)勘右衛門家 7世市川団十郎の門弟市川金太郎が,のち2世藤間勘十郎(一説に3世勘兵衛とも)の門に入って振付師となり,初世藤間勘右衛門を名のったのが始めである。初世の実子2世勘右衛門は引退した初世花柳寿輔に代わって,明治劇壇の立振付師となり活躍,養子の7世松本幸四郎に3世勘右衛門をつがせ,自身は勘翁と改めたが,勘右衛門家の基盤はこの勘翁によって築かれた。…

※「藤間 勘右衛門(2代目)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android