コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藩債処分 はんさいしょぶん

1件 の用語解説(藩債処分の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はんさいしょぶん【藩債処分】

1871年(明治4)の廃藩置県によって明治政府は中央集権体制をしいたが,各藩がかかえていた国内国外からの莫大な負債をいかに処理するかが,藩札処分,秩禄処分とともに,政府の廃藩後の事務処理の重要な課題となった。 政府は,1870年各藩に対して藩政改革の一環として藩債の処分方法を立てることを命じたが,藩財政の窮状から容易に成果はあがらず,むしろ累積する傾向にあった。71年には府県に諸藩の負債額の報告を求めたが,負債内容が複雑多岐にわたるため思うにまかせなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藩債処分の関連キーワード麻生藩阿波国磐城国県令佐伯藩廃藩置県琉球処分田辺藩〈紀伊国〉新見藩品川県

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone