虚聞(読み)キョブン

大辞林 第三版の解説

きょぶん【虚聞】

根拠のないうわさ。虚妄きよもうの風聞。 「一概に-だと打消す事もできまいて/社会百面相 魯庵
事実と異なるよい評判。虚名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょ‐ぶん【虚聞】

〘名〙
事実無根のことが伝わること。うそのうわさ虚伝
※玉葉‐治承四年(1180)一一月一日「今日依火事之虚聞、頗騒動、遂以無実」
内実にふさわしくない、実力以上の評判。実力の伴わない名声。虚名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android