流言飛語(読み)りゅうげんひご(英語表記)rumor

翻訳|rumor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「流言飛語」の解説

流言飛語
りゅうげんひご
rumor

デマと同義に使われる場合もある。一般的には根拠のないのに言いふらされる風説とされているが,流言飛語は必ず何か一つの中心となる具体的な問題をもっており,これについての変則的な報道形態であると定義される。それは,内容を構成している要素と要素との間,知識の断片と断片との間に溝や矛盾があって,それだけでは首尾一貫した報道としてすべての人を満足させることができないところに成立する。多くの場合,特殊な問題をめぐって起り,その問題に対して人々が一時的に関心を示し,かつ情報源が曖昧なときに生じるとされている。しかも,流言,語は人から人に口伝えで伝達されていく,非制度的で連鎖的なコミュニケーションの結果として生じるため,次第に歪曲の度合いを増す場合が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「流言飛語」の解説

りゅうげん‐ひご〔リウゲン‐〕【流言飛語/流言×蜚語】

口づてに伝わる、根拠のない情報。「―が飛び交う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android