(読み)うわさ

精選版 日本国語大辞典「噂」の解説

うわさ うはさ【噂】

〘名〙
① 物事や人の身の上についてかげで話をすること。た、その話。
※虎明本狂言・口真似(室町末‐近世初)「あの人はそうじて人のうわさを、なんのかのとよそへもいていはるるげなが」
② 世間で言いふらす話。風説。風聞。世評。
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)道行「我もうはさのかずに入り、世にうたはれん」
③ 「うわさづけ(噂付)」の略。
俳諧・河船徳万歳(1653)「俳諧の連哥も中昔のは、うしろ付、用付(ゆうづけ)、同意、前句のうはさ、一句のことはりたたざる事のみあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「噂」の解説

うわさ〔うはさ〕【×噂】

[名](スル)
そこにいない人を話題にしてあれこれ話すこと。また、その話。「同僚の交遊関係をする」
世間で言いふらされている明確でない話。風評。「変なが立つ」
[類語](2風聞風説風評風声ふうせい風の便り評判世評取り沙汰ざた下馬評巷説こうせつ浮説流説流言飛語流言飛語虚説空言俗言前評判デマゴシップ口承噂話作り話虚聞虚伝都市伝説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「噂」の解説


うわさ
rumor

流言。口伝えに広まる話題。噂の内容は対象あるいは実体との照合ができない場合が多く,無責任なものが多い。発生状況によって個人的噂と社会的噂とに分類される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「噂」の解説

うわさ【噂】

だれか(何か)について話すこと,またその話それ自体(例えば〈故人のうわさをする〉)。しかも,その話の内容の真偽があいまいな場合には,〈流言〉や〈デマ(デマゴギー)〉と同義になるし,あいまいな話と単なる話という両方の意味を含んでいる点では〈ゴシップ〉に近い。例えば〈風のうわさに聞く〉という場合,だれかがだれかについての情報を口にするのを聞くとも解せるし,だれかについての真偽のあやふやな情報を耳にするという意味に解することもできる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【世間話】より

…通常,ひとしきり世間にとりざたされる話,すなわち,うわさ話や巷談の類をいう。ただし,民俗学や口承文芸の分野では学術用語としてこれを用いる。単なる話として見過ごすのではなく,話の発生とその基盤ならびにそこでのありように独自の文芸性と価値観を見いだそうとするからである。しかし〈世間話〉という語自体は歴史的にみても古くはない。〈世間〉という言葉そのものが比較的新しい成立である。早くから用いられていたのは〈世〉もしくは〈世の中〉である。…

※「噂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android