コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 チョウ

3件 の用語解説(蝶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょう〔テフ〕【×蝶】

鱗翅(りんし)目のうち、アゲハチョウ上科・セセリチョウ上科に属する昆虫の総称。色彩に富む二対の翅(はね)をもち、らせん状の口吻(こうふん)を伸ばして花蜜や樹液を吸う。触角は棍棒(こんぼう)状または鉤(かぎ)状。日中に活動し、止まるときは翅を立てる。繭(まゆ)はふつう作らない。日本には約260種が知られる。胡蝶。ちょうちょう。ちょうちょ。 春》「―の飛ぶばかり野中の日影かな/芭蕉
紋所の名。1を図案化したもの。

ちょう【蝶】[漢字項目]

人名用漢字] [音]チョウ(テフ)(漢)
昆虫の名。チョウ。「蝶蝶・蝶類/胡蝶(こちょう)
[難読]蝶番(ちょうつがい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょう【蝶】

チョウ目アゲハチョウ上科とセセリチョウ上科に属する昆虫の総称。体は細長く、はねは葉状で二対あり鱗粉りんぷんと鱗毛で美しく彩られる。頭部には棍棒状の触角、一対の複眼と単眼、花の蜜を吸うに適したぜんまい状の口器がある。多くは昼間活動し、ものに止まるときは垂直にはねを立てる。幼虫は芋虫・青虫・毛虫と呼ばれ草木を食うが、やがて蛹さなぎとなりさらに成虫になる。多くは繭を作らない。日本には約260種が知られる。蝶類。胡蝶。蝶々。ちょうちょ。 [季] 春。 《 山国の-を荒しと思はずや /虚子 》
家紋の一。蝶を種々にかたどったもの。古くは蚕の蛾をいう。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蝶の関連キーワードアゲハウスバキチョウ揚羽蝶烏揚羽揚羽の蝶擬鳳蝶蛾黒揚羽蝶紋黄揚羽アゲハチョウ(揚羽蝶)アゲハチョウ科

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蝶の関連情報