(読み)チョウ

  • ×蝶
  • かわひらこ かは‥
  • ちょう テフ
  • ちょう〔テフ〕
  • 漢字項目
  • 蝶 (チョウ)

デジタル大辞泉の解説

鱗翅(りんし)目のうち、アゲハチョウ上科・セセリチョウ上科に属する昆虫総称色彩に富む二対の(はね)をもち、らせん状の口吻(こうふん)を伸ばして花蜜や樹液を吸う。触角棍棒(こんぼう)状または鉤(かぎ)状。日中に活動し、止まるときは翅を立てる。(まゆ)はふつう作らない。日本には約260種が知られる。胡蝶。ちょうちょう。ちょうちょ。 春》「―の飛ぶばかり野中の日影かな/芭蕉
紋所の名。1を図案化したもの。
人名用漢字] [音]チョウ(テフ)(漢)
昆虫の名。チョウ。「蝶蝶・蝶類/胡蝶(こちょう)
[難読]蝶番(ちょうつがい)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

チョウ目アゲハチョウ上科とセセリチョウ上科に属する昆虫の総称。体は細長く、はねは葉状で二対あり鱗粉りんぷんと鱗毛で美しく彩られる。頭部には棍棒状の触角、一対の複眼と単眼、花の蜜を吸うに適したぜんまい状の口器がある。多くは昼間活動し、ものに止まるときは垂直にはねを立てる。幼虫は芋虫・青虫・毛虫と呼ばれ草木を食うが、やがて蛹さなぎとなりさらに成虫になる。多くは繭を作らない。日本には約260種が知られる。蝶類。胡蝶。蝶々。ちょうちょ。 [季] 春。 山国の-を荒しと思はずや /虚子
家紋の一。蝶を種々にかたどったもの。古くは蚕の蛾をいう。
[句項目] 蝶よ花よ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「かわびらこ」とも) 「ちょう(蝶)」の古名。《季・春》
※新撰字鏡(898‐901頃)「蝶 徒頬反 蝶字加波比良古」
※今昔(1120頃か)一〇「髪を上げてには色々の瑠璃を以て(かはひらこ)を造り」
[1] 〘名〙
① チョウ(鱗翅)目に属するガ類以外の昆虫の総称。体は一般に細長く、胸部にある二対の葉状のはねは美しい色彩の種が多く鱗粉(りんぷん)でおおわれる。頭部には、糸状で先端がふくれた一対の触角、および一対の複眼と単眼を具えるほか、ぜんまい状に巻いた口器があり花の蜜や樹液を吸うのに適する。昼間活動し、ふつう、はねを背上に立てて止まる。幼虫はイモムシ・アオムシ・ケムシと呼ばれ、脱皮して蛹(さなぎ)に変態し成虫となる。ガと異なり、繭をつくることはほとんどない。種類は多く、日本には国蝶のオオムラサキのほか、モンシロチョウ・キチョウ・ナミアゲハ・カラスアゲハなど、九科約二五〇種が知られる。普通、はねの色で区別できる。ちょう類。ちょうちょう。こちょう。《季・春》
※懐風藻(751)望雪〈紀古麻呂〉「柳絮未飛蝶先舞」 〔姚合‐寄安陸友人詩〕
② 婚礼などで使用する銚子(ちょうし)につける紙製の雄蝶と雌蝶。蝶形。
※雑俳・浜の真砂(1730)「婚礼の花に立舞ふ酌の蝶」
③ 綿(わた)の花の異称。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)五「自から稲に実のりの房振よく、木棉(きわた)に蝶(テフ)の数見えて」
④ 河豚(ふぐ)の猛毒をもった卵巣の俗称。形が①に似ているところからこの名がある。ふぐのちょう。
※俳諧・功用群鑑(1681頃)地「鰒数寄や葱にたはれの夢の蝶〈松口〉」
⑤ 美しい女性のたとえ。美女。
※御伽草子・貴船の本地(校註日本文学大系所収)(室町末)「汝の栄花には、みめよきてうに近付きてたはぶれたるにしかじ」
⑥ 紋所の名。①を図案化したもの。向い蝶、揚羽の蝶、源氏蝶、結び蝶などの種類がある。
[2] (「胡蝶楽(こちょうらく)」の略) 雅楽の高麗壱越(こまいちこつ)調の童舞。〔和訓栞(1777‐1862)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蝶の関連情報