コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう〔テフ〕【×蝶】

鱗翅(りんし)目のうち、アゲハチョウ上科・セセリチョウ上科に属する昆虫の総称。色彩に富む二対の翅(はね)をもち、らせん状の口吻(こうふん)を伸ばして花蜜樹液を吸う。触角棍棒(こんぼう)状または鉤(かぎ)状。日中に活動し、止まるときは翅を立てる。繭(まゆ)はふつう作らない。日本には約260種が知られる。胡蝶ちょうちょう。ちょうちょ。 春》「―の飛ぶばかり野中の日影かな/芭蕉
紋所の名。1を図案化したもの。

ちょう【蝶】[漢字項目]

人名用漢字] [音]チョウ(テフ)(漢)
昆虫の名。チョウ。「蝶蝶・蝶類/胡蝶(こちょう)
[難読]蝶番(ちょうつがい)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょう【蝶】

チョウ目アゲハチョウ上科とセセリチョウ上科に属する昆虫の総称。体は細長く、はねは葉状で二対あり鱗粉りんぷんと鱗毛で美しく彩られる。頭部には棍棒状の触角、一対の複眼と単眼、花の蜜を吸うに適したぜんまい状の口器がある。多くは昼間活動し、ものに止まるときは垂直にはねを立てる。幼虫は芋虫・青虫・毛虫と呼ばれ草木を食うが、やがて蛹さなぎとなりさらに成虫になる。多くは繭を作らない。日本には約260種が知られる。蝶類。胡蝶。蝶々。ちょうちょ。 [季] 春。 《 山国の-を荒しと思はずや /虚子 》
家紋の一。蝶を種々にかたどったもの。古くは蚕の蛾をいう。
[句項目] 蝶よ花よ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蝶の関連キーワード柳川 一蝶斎(3代目)バタフライダイアグラムハーベールーフータン柳川一蝶斎(2代)柳川一蝶斎(3代)柳川一蝶斎(初代)セセリチョウ上科バタフライバルブアゲハチョウ上科ファルファッレ千葉 蝶三朗バタフライ此糸・蘭蝶かわひらこ歌川貞升柏原瓦全菅原重厚福田申斎パピヨンラバリエ

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蝶の関連情報