血漿タンパク質

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

血漿タンパク質
けっしょうたんぱくしつ
plasma proteins

血液から血球を除いた血漿部分に含まれる60種以上のタンパク質の総称。ヒトの血漿でだいたい7~8%の濃度である。スウェーデンのティセリウスが1937年に電気泳動装置を考案し、アルブミンとグロブリン(α(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)の3種)に分離した。アルブミンが約60%、グロブリンが約40%である。別に硫安による塩析やエタノール(エチルアルコール)による分離法もある。分子量数万から80万程度の間の約60種のタンパク質があり、その機能も多様である。血清アルブミン(物質の貯蔵・運搬)、リポタンパク質(脂質などの運搬)、ハプトグロビン(α2-マクログロブリンやヘモグロビンの運搬)、トランスフェリン(鉄の運搬)、免疫グロブリン(生体防御・免疫系の抗体)、フィブリノゲンやプロトロンビン(補体、血液凝固系)、プラスミン(凝固した血液をとかすしくみをもつ線溶系)、キニノーゲンやプレカリクレイン(炎症に関与)などがある。プロテアーゼをはじめとする各種の酵素やその前駆体、あるいは分子量約80万のα2-マクログロブリンのような酵素阻害物質も含まれている。全血漿タンパク質の半分以上を占めるアルブミンを中心に、血液の浸透圧や水素イオン濃度(pH)の維持、あるいは栄養源としての役割も重要である。疾病時にはアルブミンとグロブリンの比(A比)が減少する。
 なお、血漿タンパク質からフィブリノゲン、プロトロンビン、因子、因子を除いたものが血清タンパク質である。血液凝固をつかさどるa因子はフィブリン安定化因子またはトランスグルタミナーゼで、フィブリンのγ-グルタミン側鎖とε(イプシロン)-リジン(リシン)側鎖のイソペプチド結合を連結させ、物理的に強化する。[野村晃司]
『寺野由剛著『ヒト血漿蛋白質の機能と病態生理便覧』2版(1973・医学図書出版) ▽谷本義文著『実験動物の血液・尿生化学』(1988・ソフトサイエンス社) ▽シーエムシー出版編集部編『バイオセパレーションの応用』(2001・シーエムシー出版) ▽矢島治明他編『廣川タンパク質化学5 血漿タンパク質』1、2(2001、2002・廣川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

血漿タンパク質
ケッショウタンパクシツ
plasma protein

血液から血球を除いた体液部分(血漿)に含まれるタンパク質.アルブミン抗体血液凝固因子など,多数のタンパク質が含まれる.血漿100 mL 中の含量は6.7~8.3 g で,60種類以上にも及ぶ.栄養失調などでこの含量が減ると浸透圧のバランスが崩れ,腹部に水がたまる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android