コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血漿タンパク質

2件 の用語解説(血漿タンパク質の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

血漿タンパク質

 血漿中に溶解しているタンパク質.血漿アルブミン免疫グロブリン,その他多種類のタンパク質がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

血漿タンパク質
けっしょうたんぱくしつ
plasma proteins

血液から血球を除いた血漿部分に含まれる60種以上のタンパク質の総称。ヒトの血漿でだいたい7~8%の濃度である。スウェーデンティセリウスが1937年に電気泳動装置を考案し、アルブミンとグロブリン(α(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)の3種)に分離した。アルブミンが約60%、グロブリンが約40%である。別に硫安による塩析やエタノール(エチルアルコール)による分離法もある。分子量数万から80万程度の間の約60種のタンパク質があり、その機能も多様である。血清アルブミン(物質の貯蔵・運搬)、リポタンパク質(脂質などの運搬)、ハプトグロビン(α2-マクログロブリンやヘモグロビンの運搬)、トランスフェリン(鉄の運搬)、免疫グロブリン(生体防御・免疫系の抗体)、フィブリノーゲンやプロトロンビン(補体、血液凝固系)、プラスミン(凝固した血液をとかすしくみをもつ線溶系)、キニノーゲンやプレカリクレイン(炎症に関与)などがある。プロテアーゼをはじめとする各種の酵素やその前駆体、あるいは分子量約80万のα2-マクログロブリンのような酵素阻害物質も含まれている。全血漿タンパク質の半分以上を占めるアルブミンを中心に、血液の浸透圧や水素イオン濃度(pH)の維持、あるいは栄養源としての役割も重要である。疾病時にはアルブミンとグロブリンの比(A比)が減少する。
 なお、血漿タンパク質からフィブリノーゲン、プロトロンビン、因子、因子を除いたものが血清タンパク質である。血液凝固をつかさどるa因子はフィブリン安定化因子またはトランスグルタミナーゼで、フィブリンのγ-グルタミン側鎖とε(イプシロン)-リジン(リシン)側鎖のイソペプチド結合を連結させ、物理的に強化する。[野村晃司]
『寺野由剛著『ヒト血漿蛋白質の機能と病態生理便覧』2版(1973・医学図書出版) ▽谷本義文著『実験動物の血液・尿生化学』(1988・ソフトサイエンス社) ▽シーエムシー出版編集部編『バイオセパレーションの応用』(2001・シーエムシー出版) ▽矢島治明他編『廣川タンパク質化学5 血漿タンパク質』1、2(2001、02・廣川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

血漿タンパク質の関連キーワードセルロプラスミンアポタンパク質アポリポタンパク質血漿アミノ酸比タンパク質漏出性胃腸症超高密度リポタンパク質低アルブミン血低タンパク質血低リポタンパク質血リポタンパク質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

血漿タンパク質の関連情報