被虐待児症候群(読み)ひぎゃくたいじしょうこうぐん(英語表記)battered child syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

被虐待児症候群
ひぎゃくたいじしょうこうぐん
battered child syndrome

親または他のおとなによって,子供に身体的あるいは精神的な傷が反復継続して加えられたときに起る種々の症状をいう。外傷としては,打撲傷,骨折,火傷が多くみられる。子供は性格的にもいじけて,情緒的な傷害を受け,攻撃的,拒否的な態度をとり,怒りっぽく落ち着きがなくなる。大部分精神発達が遅れるが,ときには非常にませた行動をする。に対する説得はほとんど効果がなく,親から子供を隔離して施設に収容したのち,養子縁組などの処置をとる。親の性格は情緒的に未熟で自制心に乏しく子供に対する要求水準も高い。そのため親の期待どおりに子供が行動できないと失望し,怒りの感情が生れて子供に粗暴な行動をとる結果になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひぎゃくたいじしょうこうぐん【被虐待児症候群 battered‐child syndrome】

親またはそれに代わる人から虐待されることで子どもに生ずる心身両面の障害。子どもはふつう3歳以下,ことに1歳以下が多く,(1)皮下出血切傷,火傷などの皮膚症状,(2)全身各所の骨折や脱臼,(3)頭蓋内出血硬膜下血腫,(4)臓器破裂や内出血など腹部の損傷,そして(5)成長発育障害などが多様に組み合わさって症候群を構成する。アメリカの小児科医ケンプC.H.Kempeらが全米にわたる調査をもとにこの概念を提唱したのは1962年で,それ以後,主として先進諸国での報告が相次ぎ,幼児虐待の増加傾向を示唆している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

被虐待児症候群
ひぎゃくたいじしょうこうぐん

両親などの保護者からさまざまな肉体的虐待を受けた小児の臨床像を表す用語で、小児折檻(せっかん)に相当する医学用語。継子(ままこ)いじめによるものが多いと思われがちであるが、実際には実母によるものがいちばん多く、ついで実父、継父母の順となる。虐待者が幼児期に虐待された経験、不安定な結婚および経済状態、精神的問題などが背景因子として指摘されている。また、複数の子をもつ家庭では特定の子が対象となることが多く、子の側の因子として乳児期における別居、精神身体発育遅延などがあげられる。臨床的には頭部外傷、新旧さまざまな骨折や皮膚症状、発育・栄養障害などの多彩な症状を呈し、訴える原因と症状とが一致しない場合が多い。また、虐待者が虐待の事実をいうことはまずない。解決のためには、精神科医を含む各科の医師およびソーシャルワーカー(社会事業家)などが医療チームを組んで治療にあたると同時に、家庭の矯正を児童福祉関係者などと協力して行う必要がある。[西本五蔵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android