コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しとうず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しとうず

元来,中国古代の足衣で,今日の靴下にあたるものをいう。普通はこの上に (くつ) をはいた。2枚の足形の布を縫合せたもので,深いものもあり,紐をつけて結んで留めていた。中国では革製もあったらしい。日本では平安時代頃まで,宮殿では素足であったが,特に高貴の人や長老だけが襪をはくことを許された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しとうず【襪】

絹や錦の2枚の足形の布を縫い合わせてつくられた靴下(イラスト)。足袋のような底やこはぜはなく,上方につけた2本の紐で結び合わせる。奈良~平安時代の礼服(らいふく),朝服などに各種の(くつ)とともに用いられた。中国唐代の襪(べつ)が伝わり,これをシタクツと呼び,さらにシタグツ(下沓)の音便でシタウズからシトウズとなった。《和名類聚抄》には〈襪,和名之太久豆足衣也〉とある。襪は錦,綾,絁(あしぎぬ),布(麻)を表地に,白絁,生絁を裏地に多く用いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しとうず

「したぐつ」の訛(なま)り。靴下の意。古代以来、貴族階級で履(くつ)をはくとき用いられた。足袋(たび)と異なり、母指を分けず、甲や底の縦中央を縫い目として、後部に縫い付けられた2本の紐(ひも)で締める。養老(ようろう)の衣服令(りょう)で、礼服に錦(にしき)襪、朝服に白襪を用いると定められた。その他の服装では宿徳(高徳な老人)には許されたが一般に禁じられていた。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【襪】より

…奈良~平安時代の礼服(らいふく),朝服などに各種の(くつ)とともに用いられた。中国唐代の襪(べつ)が伝わり,これをシタクツと呼び,さらにシタグツ(下沓)の音便でシタウズからシトウズとなった。《和名類聚抄》には〈襪,和名之太久豆足衣也〉とある。…

※「襪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

襪の関連キーワード礼服(らいふく)鬱悒し・欝悒し迫む・逼む伊勢神宮錦オリーブ直衣装束襲装束履き物朝鮮服服装草履浄衣元来下靴束帯迫む

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

襪の関連情報