コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西シベリア低地 にしシベリアていちZapadno-Sibirskaya nizmennost'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西シベリア低地
にしシベリアていち
Zapadno-Sibirskaya nizmennost'

ロシア中部,西シベリアにある広大な低地。西シベリア平原 Zapadno-Sibirskaya ravninaともいう。北はカラ海に面し,西はウラル山脈,東はエニセイ川,南はカザフスタンのトゥルガイ高原カザフ丘陵アルタイ山地によってかぎられる。南北 2500kmにわたり,東西の幅は 1000~1900km。面積約 260万 km2。中央部をオビ川が南東から北西へ貫流し,大部分がその流域に属する。標高は 50~150mで,北部にはモレーン(氷堆石)の丘陵が見られるが,そのほかのところはきわめて単調な平地が続く。水平に近い堆積状態を示す中生代~新生代古第三紀の地層からなり,表面は南部ではレス,北部では後氷期の砂,粘土などで覆われる。北部はツンドラ,中・南部は森林地帯,南縁部は森林ステップ,ステップ地帯に入る。年降水量は中部では約 500mmであるが,北部と南部では 200~300mm。春~初夏の大水により浸水する部分が多く,特に南部のバシュガニエ湿地では2~3ヵ月間冠水し,交通が途絶する。近年,地下資源として石油,天然ガスを埋蔵することが発見され,チュメン油田そのほかで大規模な開発が始まった。南部を走るシベリア横断鉄道の本線,支線に沿ってノボシビルスクオムスク,チュメン,クルガントムスクなどの都市があるが,中・北部には,自動車,航空機以外に交通の便のない地域が多く,小舟,そりによるしかない地域も少なくない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしシベリアていち【西シベリア低地 Zapadno‐Sibirskaya nizmennost’】

ロシア連邦中央部の低地。〈西シベリア平原〉とも訳され,東はエニセイ川,西はウラル山脈,南はカザフ丘陵とアルタイ山地,北は北極海で境される。堆積平野としては世界最大の広さをもち,面積約300万km2。標高は300m以下で,河川による浸食(下刻)は弱く,谷は広くて浅い。このため大きな高低差はみられず,波状丘陵地に似た外観である。北方から中央部では氷期の終りに形成された氷堆石堤が高まって排水を悪くし,各地に湿原,湖沼,一時的な湛水(たとえばバシュガン湿地は春~初夏の融雪期に日本の面積ほどの広さが浸水する)をつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の西シベリア低地の言及

【シベリア】より

…しかし現在ロシアの行政区分では,ウラル山脈からエニセイ川までが西シベリア,その東方太平洋斜面の河川の分水嶺までが東シベリア,それ以東は極東地方とされ,この極東地方はシベリアに含められていない。
[自然]
 地形上西シベリア低地中央シベリア高原,南シベリア山地および東北シベリア山地の4地域に大別される。分水界が南に寄っていて,北の北極海までが一帯に低地で,その間をオビ川,エニセイ川,レナ川など世界でも十指に入る大河が北に流れている。…

※「西シベリア低地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西シベリア低地の関連キーワードバラビンスクステップヤマロネネツ自治管区ペトロパブロフスクウレンゴイ・ガス田チェリャビンスク州中央シベリア高原北カザフスタン州クルンダステップサモトロール油田アルタイ[山脈]パブロダール州コクチェタフ州イシムステップシャドリンスクトゥルガイ凹地トゥラン低地クスタナイ州パブロダールズアオアトリチュルイム川

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android