コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西合志 にしごうし

2件 の用語解説(西合志の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西合志
にしごうし

熊本県北部,合志市西部の旧町域。熊本平野の北部に位置する。 1966年町制。 2006年合志町と合体して合志市となる。北部は畑地が広がり,米,キュウリなどの野菜,スイカタバコなどの栽培が行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西合志
にしごうし

熊本県北部、菊池郡にあった旧町名(西合志(まち))。現在は合志(こうし)市の西部を占める。旧西合志町は1966年(昭和41)町制施行。2006年(平成18)合志町と合併、市制施行して合志市となった。旧町域は全域、段丘礫(れき)層で覆われた標高40~80メートルの合志台地からなる。北端の塩浸(しおひたし)川、上生(わぶ)川の流域を除けば耕地の大半が畑地で、昭和30年代後半までは桑園が広く展開、その後、酪農、養鶏が中核となるが、南接の熊本市の発展に伴って、南部では住宅地との共存がむずかしく、スイカを含めた蔬菜(そさい)園芸に転換し始めている農家もかなりある。また南部から中央部にかけ、熊本電気鉄道、それと並走する国道387号沿いには国立療養所、農業研究センター、熊本職業能力開発促進センター(ポリテクセンター熊本)ほか相当数の医療、研究、教育施設が集中している。南端を東西に流れる堀川は、水の便の悪い肥後台地の開墾を意図し、1588年(天正16)領主となった加藤清正によって開削されたもので、急速な都市化は、その排水能力を超えた家庭雑排水を流し込ませ、少量の降雨でも氾濫(はんらん)しやすくなっている。文化財としては二子山(ふたごやま)石器製作遺跡(国指定史跡)のほか、黒松古墳群が有名である。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西合志の関連情報