コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西山物語 ニシヤマモノガタリ

世界大百科事典 第2版の解説

にしやまものがたり【西山物語】

読本。建部綾足作。1768年(明和5)刊。3冊。近世中期の雅文体の読本としては先駆の一つ。当時京都一乗寺村で起こった〈源太騒動〉(1767年12月)を物語の主筋として書き綴った述作。《太平記》に登場する大森彦七の太刀のたたりと怪異などをからめているが,この設定は彦七の後裔である大森七郎家と同じ里に住む同族八郎家の相克とそれほど密接に結びついていない。七郎の妹かへと八郎の息子宇須美との恋を,全体として歌物語風な擬古小説として書いたことは一応の成功といえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にしやまものがたり【西山物語】

読本。三巻。建部綾足作。1768年刊。若い男女の恋、武士の道義にからむ宝刀の祟たたりや女の幽霊などを脚色した雅文体小説。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西山物語
にしやまものがたり

建部綾足(たけべあやたり)作の小説(読本(よみほん))。三巻。1768年(明和5)2月刊。前年の1767年12月、京都一乗寺村の住人渡辺源太が、恋愛問題のもつれから、同族渡辺団次方に妹やゑを同道してその首を打ち落とした、いわゆる源太騒動を、浪漫(ろうまん)的な悲恋物語に仕上げた雅文体の小説で、読本初期の秀作とされている。「俗に即して雅を為(な)す」(金竜雄敬序)の方法意識のもとに、古言をちりばめ、分注して出処を示す特異な文体が用いられていた。『太平記』に材をとった伝奇的な色彩と、悲恋を謳(うた)い上げた艶麗(えんれい)清新な叙情によって、当時の小説界に新風をもたらした。上田秋成(あきなり)はのちに同一題材をもとにして『ますらを物語』、『死首(しくび)の咲顔(えがお)』(『春雨物語』所収)を書いている。[中村博保]
『高田衛校注・訳『西山物語』(『日本古典文学全集48』所収・1973・小学館) ▽野間光辰「いわゆる源太騒動をめぐって――綾足と秋成」(『文学』1969年6.7月号所収・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

西山物語の関連キーワード春雨物語小山内薫雨月物語雅文小説岩波書店宝刀幽霊

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android