コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西川正治 にしかわしょうじ

6件 の用語解説(西川正治の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西川正治
にしかわしょうじ

[生]1884.12.5. 東京,八王子
[没]1952.1.5. 東京
物理学者東京帝国大学物理学科を卒業 (1910) 。同大学教授 (22~45) 。 1917年スピネルの原子配置ならびにひずみを受けた物体の「X線検査に関する研究」で帝国学士院賞を受賞,22年より東京帝国大学教授のまま理化学研究所で西川研究室を主宰し,X線回折電子線回折の研究で国際的にも高く評価される業績をこの研究室から出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

西川正治【にしかわしょうじ】

実験物理学者。八王子市生れ。1910年東京帝国大学卒業。寺田寅彦の指導のもとで結晶構造の解析にX線回折像を応用する研究に従事,スピネルの結晶構造決定はアメリカのX線結晶学に影響を与えるなど世界的に知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西川正治 にしかわ-しょうじ

1884-1952 大正-昭和時代の物理学者。
明治17年12月5日生まれ。寺田寅彦(とらひこ)の指導でX線回折実験により結晶構造を研究し,大正6年学士院賞。同年理化学研究所にはいり,13年母校東京帝大の教授。理研では仁科芳雄らとサイクロトロンを建設した。日本結晶学会初代会長。昭和26年文化勲章。昭和27年1月5日死去。67歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

にしかわしょうじ【西川正治】

1884‐1952(明治17‐昭和27)
実験物理学者。八王子市に生まれる。1910年東京帝国大学を卒業,大学院に進み,まず大気中の放射性生成物の量の測定に従事したが,M.ラウエの結晶によるX線の回折の発見に着目して,寺田寅彦の指導の下,X線回折像を結晶構造の解析に応用する研究に転じた。15年発表したスピネルの結晶構造決定は,空間群の理論の適用のさきがけとして世界的に有名である。17年理化学研究所に入り,研究室主任として(1922‐49),また東京大学教授として(1924‐45),X線結晶学,電子線回折,原子核物理学の分野で,多くの優れた研究者を育てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にしかわしょうじ【西川正治】

1884~1952) 物理学者。東京都生まれ。東大教授。1915年、スピネル群結晶内の電子配置を決定し、 X 線結晶学の発展に貢献。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西川正治
にしかわしょうじ
(1884―1952)

X線回折および原子核に関する実験物理学者。東京生まれ。1910年(明治43)東京帝国大学実験物理学科を卒業し、同大学大学院に入り、木下季吉(すえきち)(1877―1935)の指導を受けた。まもなく寺田寅彦(とらひこ)の勧めでX線回折の研究に従事し、1916年(大正5)「スピネル」群の結晶構造により学位を得た。翌1917年には、この功績により帝国学士院賞を受賞するとともに、理化学研究所に入った。3年間の海外留学ののち理研主任研究員、東京帝大教授となった(1924)。理研では、菊池正士(せいし)の研究に助力するとともに、長岡研究室、仁科(にしな)研究室と共同で原子核実験室を開設し、サイクロトロン、コッククロフト加速装置を建設した。第二次世界大戦後、日本結晶学会を創立し、初代会長となった。1951年(昭和26)文化勲章を受けた。[小林武信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西川正治の関連キーワード実験物理学東京都八王子市上野町東京都八王子市追分町東京都八王子市大塚東京都八王子市大横町東京都八王子市滝山町東京都八王子市館町東京都八王子市別所東京都八王子市元八王子町東京都八王子市鑓水

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西川正治の関連情報