(読み)キ

デジタル大辞泉「規」の解説

き【規】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]のり
学習漢字]5年
コンパス。「規矩きく定規じょうぎ
行動や判断のよりどころとなる基準。「規格規準規則規定規範規模規約規律軍規条規新規正規内規法規
一定の枠・ルールにはまるようにする。「規正規制
[名のり]ただ・ただし・ただす・ちか・なり・み・もと
難読子規ほととぎす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「規」の解説

き‐・する【規】

〘自サ変〙 き・す 〘自サ変〙 きまる。定まる。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「伊豆の熱海の外に熱水(あつみづ)といふものはない。水は皆冷(ひやっこ)いに規(キ)した物だ」

き‐・す【規】

〘自サ変〙 ⇒きする(規)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android