コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丼物 ドンブリモノ

5件 の用語解説(丼物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どんぶり‐もの【丼物】

どんぶり飯の上に具をのせたもの。カツ丼・天丼など。どんもの。

どん‐もの【丼物】

どんぶりもの(丼物)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

どんぶりもの【丼物】

どんぶりに飯を入れ、調理した種々の具をのせた料理の総称。うなどん・天どん・牛どん・カツどん・親子どんなどがある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どんぶりもの【丼物】

丼飯の上に具をのせた料理。天丼・親子丼など。どんぶり。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丼物
どんぶりもの

丼とは飯茶碗(ぢゃわん)の約3倍の容積量の食器で、この中にご飯を入れ、調味した具と汁をかけた料理を丼物という。丼物は江戸時代では品の悪いものとされていた。丼物の元祖はうな丼(どん)である。文政(ぶんせい)年間(1818~30)、芝居の興行に出資していた大久保今介(いますけ)はうなぎ好みで、毎日のようにうな丼を大野屋から芝居の楽屋へ届けさせていた。当時は温飯を丼(どんぶり)に盛り、蒲焼(かばや)きは別に保温して届けていた。今介は、丼に熱い飯を盛りその中間に蒲焼きを入れて持ってくれば、保温にもなるしそのまま食べられるからと、大野屋にそのように作製させた。これがうな丼の始まりであるという。深川丼は、バカガイまたはアサリの混ぜご飯で、江戸の後期に創作された。親子丼は、東京・中央区の玉秀という鳥料理屋で明治初期に創作したもの。他人丼は、牛肉か豚肉を卵でとじたもので、親子丼より後の大正中期からのものとみられる。卵丼は、かき玉を多くして、それに好みの材料を加えるが、とくに卵だけでつくることもある。鉄火丼は、鉄火巻きの応用で、この名称は大正初期から一般に用いられている。マグロの角切りを酢飯の上に並べ、もみのりをふりかけた丼物である。カツ丼(どん)は、昭和10年ごろからのもの。牛丼(ぎゅうどん)は、明治中期以降盛んになり、「牛めし」の看板の専門店があったが、値段は格安であった。牛丼のことを「かめめし」「開化丼(どんぶり)」ともいった。福島県の郷土丼料理「ずきんはずし」は、ダイコンの古漬けと納豆を用いたものである。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丼物の関連キーワード鰻丼他人丼鉄火丼どんぶり丼飯木の葉丼穴子丼五目饂飩天麩羅丼鱧丼

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丼物の関連情報