観音寺遺跡(読み)かんのんじいせき

知恵蔵の解説

観音寺遺跡

2006年3月、国内最大級の木簡が出土した8世紀後半(奈良時代)の阿波国府跡と見られる徳島市の遺跡。木簡は全長約58cm、幅約5cmで、裏表に約150字が記されていた。中央官庁が阿波国出身の「秦人部大宅」という人物を採用する際、阿波国司に身元調査をさせた内容を記録したもの。こうした調査結果は紙に写されて平城京へ送られたとみられ、正倉院文書に約10人分の記録が残っている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android