コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角セン(閃)石 かくせんせき

百科事典マイペディアの解説

角セン(閃)石【かくせんせき】

長柱状または繊維状の結晶をなすケイ酸塩鉱物一群。構造的にはチェーン型だが,基礎になるSi-Oの鎖が2本からなり,そのため角セン石では2方向のへき開が著しく,その交角は54°〜58°(輝石では87°〜88°)をなす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

角セン(閃)石の関連キーワードケイ(珪)酸塩鉱物ハロゲン化鉱物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android