コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角セン(閃)石 かくせんせき

1件 の用語解説(角セン(閃)石の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

角セン(閃)石【かくせんせき】

長柱状または繊維状の結晶をなすケイ酸塩鉱物の一群。構造的にはチェーン型だが,基礎になるSi-Oの鎖が2本からなり,そのため角セン石では2方向のへき開が著しく,その交角は54°〜58°(輝石では87°〜88°)をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone