コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角屋七郎兵衛 かどやしちろべえ

5件 の用語解説(角屋七郎兵衛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角屋七郎兵衛
かどやしちろべえ

[生]慶長15(1610).3. 伊勢,松坂
[没]寛文12(1672).1.9. 安南
江戸時代初期の貿易商。寛永8 (1631) 年安南 (→アンナン ) に渡航し貿易に従事。同 12年鎖国令後も同地にとどまり,砂糖,織物,銀貨交易にたずさわり産をなした。安南国王の外戚にあたる阮氏一族の娘を妻とし,在留日本人の指導者として活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かどや‐しちろうべえ〔‐シチラウベヱ〕【角屋七郎兵衛】

[1610~1672]江戸前期の商人。伊勢松坂の人。祖父の代からの廻船問屋で、安南との交易に従事。鎖国後も現地にとどまった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角屋七郎兵衛 かどや-しちろべえ

1610-1672 江戸時代前期の商人。
慶長15年3月17日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)松坂の廻船問屋角屋七郎次郎の次男。寛永8年(1631)交趾(コーチ)(ベトナム北部)に渡航し,12年の鎖国令により現地にとどまる。寛文5年以後の角屋への手紙によれば,日本との貿易で産をなし,安南(ベトナム)国王の一族の娘と結婚したという。寛文12年1月9日現地で死去。63歳。名は栄吉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

角屋七郎兵衛

没年:寛文12.1.19(1672.2.17)
生年:慶長15.3.17(1610.5.10)
近世初頭の貿易家。父角屋七郎次郎(忠栄)と母鎌田氏の娘の次男。本姓松本氏,名を栄吉。徳川家康から信頼を得た伊勢の角屋七郎次郎秀持の孫。安南国交趾(インドシナ半島)との貿易に従事していたが,寛永8(1631)年同国中部のフェイフォに移住,日本町の指導者として,朱印船貿易に協力して活躍した。妻は安南国王の一族阮氏の娘。同12年日本船および日本人の海外渡航,および海外の日本人の帰国が厳禁されたため,フェイフォに残留し,安南船で日本貿易を行ったようである。七郎兵衛は長崎,堺,松坂に兄弟や親類がおり,彼らと連絡をとっていた。七郎兵衛は鎖国下に数通の書状をこれらの親類に送っていて,その実物を残しており,消息や生活必需物資を送らせたり,伊勢神宮をはじめ神社,仏閣への応分の奉納などを行っている。なおフェイフォに延宝年間(1673~81)29人の日本人が居住していたという。フェイフォに松本寺を建立した。死後現地松本寺および松坂来迎寺に葬る。<参考文献>『南紀徳川史』第7冊,『角屋関係文書集』(伊勢市神宮徴古館蔵),黒板勝美「南洋における日本関係史料調査報告」(『黒板勝美先生遺文』),川島元次郎朱印船貿易史』,辻善之助『増訂海外交通史話』,岩生成一南洋日本町の研究』,『安南記』(田中久夫校訂『国民精神文化』8巻7号)

(中田易直)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かどやしちろうべえ【角屋七郎兵衛】

1610~1672) 江戸前期の貿易商。伊勢の人。安南(現在のベトナム)に渡り、国王の一族の娘を妻とし、日本との交易に当たった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の角屋七郎兵衛の言及

【南洋日本人町】より

…しかし,日本人の大部分は商業に従事し,とくに日本から来航する朱印船のために,生糸,鹿皮,鮫皮,蘇芳木(すおうぎ)(赤色系の染料)などの商品を買い集めた。日本内地の朱印船貿易商の中には,自分の親戚や使用人を現地に常駐させる者もあり,フェイフォの平野屋六兵衛,角屋七郎兵衛,アユタヤの糸屋太右衛門などはその例であった。 これほど繁栄した日本人町も,1633年(寛永10)以後の一連の鎖国令による海外渡航禁令の強化に伴って,朱印船が来航しなくなり,また内地からの新しい人材の供給を絶たれることになった。…

※「角屋七郎兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

角屋七郎兵衛の関連キーワード原田孫七郎奉教人与次郎角屋造角屋七郎次郎(2代)角屋七郎次郎(3代)茶屋四郎次郎(3代)茶屋四郎次郎(4代)フェイフォ西川七郎次

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone