記録的短時間大雨情報(読み)きろくてきたんじかんおおあめじょうほう

日本大百科全書(ニッポニカ)「記録的短時間大雨情報」の解説

記録的短時間大雨情報
きろくてきたんじかんおおあめじょうほう

気象庁が大雨警報発表中に、現在の降雨がその地域にとって土砂災害や浸水害、中小河川の洪水害の発生につながる可能性のある、数年に一度程度しか発生しない激しい短時間の大雨が観測されたときに発表する情報。災害の発生につながるような、まれにしか観測されない雨量であることを知らせ、よりいっそうの警戒を呼びかけることを目的としている。

 観測(地上の雨量計による観測)した1時間雨量や、解析(気象レーダーと地上の雨量計を組み合わせた分析:解析雨量)した1時間雨量が、おおむね府県予報区ごとに、1時間雨量歴代1位または2位の記録を参考に決めた基準を上回ったときに発表する。

 2004年(平成16)7月18日の福井豪雨においては、下記のように、記録的短時間大雨情報が発表された。

(1)福井県記録的短時間大雨情報 第2号
平成16年7月18日6時00分 福井地方気象台発表
6時福井県で記録的短時間大雨 美山(みやま)で88ミリ
(2)福井県記録的短時間大雨情報 第3号
平成16年7月18日6時10分 福井地方気象台発表
6時福井県で記録的短時間大雨 美山町付近で約90ミリ
福井市付近で約80ミリ
 (1)が観測、(2)が解析で、解析によるものには、「付近」と「約」が付加され、10ミリメートル単位で発表され、120ミリメートル以上はすべて「120ミリ以上」と表現される。

 また、福井県における記録的短時間大雨情報の発表基準の1時間雨量は80ミリメートルであるが、雨量が多い太平洋側の地方ではこの値より大きく、雨量が少ない北日本ではこの値より小さくなっている。

 記録的短時間大雨情報が発表されたとき、土砂災害警戒区域や浸水想定区域などに住んでいる人は、速やかな避難開始が必要であるが、すでに屋外は猛烈な雨となっていることも想定される。あらかじめ決めておいた避難場所まで移動することがかえって命に危険を及ぼすと判断されることもあり、場合によっては近隣のより安全な場所や建物への移動、それさえも危険な場合には、屋内でも土砂災害・浸水害・洪水害が及ぶ危険性ができる限り小さい階や部屋等に退避(垂直避難)して、少しでも命が助かる可能性が高い行動が求められる。

[饒村 曜 2020年3月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「記録的短時間大雨情報」の解説

記録的短時間大雨情報
きろくてきたんじかんおおあめじょうほう

大雨警報が発表されているとき,数年に 1回程度発生する短時間の激しい大雨を,雨量計(気象官署,アメダス,気象庁以外の雨量計を含む)で観測したり,レーダと雨量計のデータを組み合わせた解析雨量で解析したときなどに発表される情報。現在の降雨がその地域にとって災害の発生につながる状況であることを周知させる。記録的な雨が降った場所と時刻および 1時間あたりの雨量だけの簡潔な内容となっている。1983年10月から発表されるようになり,当初は「府県・指定地区大雨情報」という名称であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「記録的短時間大雨情報」の解説

きろくてきたんじかんおおあめ‐じょうほう〔キロクテキタンジカンおほあめジヤウホウ〕【記録的短時間大雨情報】

数年に一度しかないような猛烈な雨が短時間に集中的に降り、災害の発生につながるような雨量が観測された場合に、警戒を呼びかけるために気象庁が発表する情報。→記録的な大雨に関する気象情報

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android