設楽[町](読み)したら

百科事典マイペディアの解説

設楽[町]【したら】

愛知県東部,北設楽郡の町。美濃三河高原の東部にあり,北端は長野県に接する。主集落の田口は,伊奈街道(国道257号線)の旧宿場町。農林業を営み,米,野菜を産する。製材淡水魚養殖も行う。黒田ダム,鷹ノ巣山(1153m),茶臼山(1416m)などがある。花祭,田峰(だみね)観音の田楽は有名。2005年10月北設楽郡津具村を編入。273.94km2。5769人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

したら【設楽[町]】

愛知県東部,北設楽郡の町。人口5823(1995)。美濃三河高原上にあり,豊川の支流寒狭(かんさ)川上流域に位置する。段戸(だんど)山(1152m)など標高1000m級の山々に囲まれ,天竜川矢作(やはぎ)川,豊川の水源地帯をなす。中央部を南北に伊奈街道(国道257号線)が通り,田口は江戸時代宿場町として栄えた。国鉄飯田線本長篠から豊橋鉄道田口線が通じていたが,1968年廃線となった。段戸山麓の駒ヶ原はかつて三河馬の放牧場であったが,第2次大戦後開拓農民が入植し,高冷地野菜の栽培を中心に農業が行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android