コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詰責 キッセキ

デジタル大辞泉の解説

きっ‐せき【詰責】

[名](スル)人の失敗や罪などを厳しく問いつめること。
「わたしの怠慢を―するもののように思われた」〈荷風・雨瀟瀟〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きっせき【詰責】

( 名 ) スル
問いつめて責めること。詰問。 「 -せる間に彼の必ず過あやまちを悔い/金色夜叉 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

詰責の関連キーワード吃・吉・喫・屹・拮・橘・詰ソネット集日本道徳論徳川慶喜金色夜叉詰問

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android