コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吊るし上げる ツルシアゲル

デジタル大辞泉の解説

つるし‐あ・げる【×吊るし上げる】

[動ガ下一][文]つるしあ・ぐ[ガ下二]
物をつるして上へひきあげる。「高い枝に―・げる」
目などをひきつったように上にあげる。つりあげる。
「遺恨の眦(まなじり)―・げ」〈露伴・露団々〉
大ぜいで一人または少人数の者をきびしく問いつめ、責めたてる。「責任者を―・げる」「仲間に―・げられた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つるしあげる【吊るし上げる】

( 動下一 ) [文] ガ下二 つるしあ・ぐ
つるして高く上げる。 「木の上に-・げる」
大勢で取り囲んで、厳しく責める。 「社長を-・げる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

吊るし上げるの関連キーワード社長

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android