コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詰(ま)る ツマル

デジタル大辞泉の解説

つま・る【詰(ま)る】

[動ラ五(四)]
すきまもなく入って、いっぱいになる。「立錐(りっすい)の余地もなく―・った聴衆」「予定がびっしり―・っている」
途中がふさがって通路・管などが通じなくなる。「排水管が―・る」「鼻が―・る」

㋐長さ・幅や間隔などが短くなる。ちぢまる。「洗濯したら、丈(たけ)が―・った」「日が―・る」「差が―・る」
㋑変化して語形が短くなる。つづまる。「『わがいも(吾妹)』が―・って『わぎも』になる」
うまい対応のしようがなくて苦しむ。窮する。行きづまる。また、気分的に窮屈である。「生活に―・る」「返答に―・る」「気の―・る思い」
最後のところまでいく。行きつく。→詰まるところ
促音で発音される。「―・る音(おん)」
野球で、ピッチャーの投げた球がバットの芯からはずれた、手もとに近い所に当たる。「シュートで―・らせる」「―・った当たり」
[下接句]息が詰まる気が詰まる鐺(こじり)が詰まる寸が詰まる世間が詰まる理に詰まる

なじ・る【詰る】

[動ラ五(四)]相手を問いつめて責める。詰問する。「心変わりを―・る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なじる【詰る】

( 動五[四] )
よくない点や不満な点などを問いただして責める。詰問する。 「違約を-・る」 「あやまり有とも-・り給事なかれ/鷹筑波」 → 責める(補説欄)
[可能] なじれる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

詰(ま)るの関連キーワード電流力計型計器ハゼランこじり

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android