調和関数(読み)ちょうわかんすう(英語表記)harmonic function

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

調和関数
ちょうわかんすう
harmonic function

2つの実変数 xy の実関数 u(xy) が,ある領域内で連続かつ1次および2次の偏導関数をもち,2次元のラプラスの方程式 Δu=∂2u/∂x2+∂2u/∂y2=0 を満たすとき,この関数 u(xy) はその領域において調和であるといい,u(xy) を調和関数と呼ぶ。調和関数は,n 次元空間内の領域で定義された関数についても,n 次元ラプラス方程式を満足する関数として,同様に定義する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうわかんすう【調和関数 harmonic function】

n(≧2)次元ユークリッド空間の領域Dにおいて定義された関数u(P)=u(x1,……,xn)が,連続な2階偏導関数をもち,ラプラスの偏微分方程式,を満たすならば,uDにおいて調和であるという。 uDで調和のとき,任意のPDと,Pを中心とする任意の閉球BD,その表面Sについて,が成り立つ。ここにrBの半径,τnとσnn次元単位球の体積と表面積,dτとdσは体積要素と面積要素を表す。つまりuPにおける値は,uBまたはSでの平均値に等しい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

調和関数
ちょうわかんすう

n変数の関数u(x1,x2,……,xn)がラプラスの微分方程式

を満足するときこれを調和関数という。ここでは二変数のときに限って述べる。ラプラスの方程式は、電磁気学や流体力学などで、次の形でよく現れる。滑らかな曲線Cで囲まれた領域をDとするとき、C上で与えられた値f(ζ)をとり、D内で調和関数u(x,y)を求めよ、すなわち、
 Δu(x,y)=0 (x,y)∈D
  u(ζ)=f(ζ) ζ∈C
を解け、という境界値問題である。とくにCが原点を中心、半径Rの円のときは、解は極座標で表して、ポアソンの積分公式

で表される。調和関数は最大値原理を満たす。すなわち、最大値、最小値をとるのは領域Dの境界上に限る。これから、前の境界値問題の解はただ一つであることがわかる。[洲之内治男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の調和関数の言及

【球関数】より

…それはもっとも基本的な2階微分作用素であるラプラシアンΔに関係する。3変数x,y,zのときは,であり,Δu(x,y,z)=0となる関数uを調和関数という。適当な領域で温度分布uを考えたとき,定常状態ならそれは調和関数である。…

※「調和関数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android