コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永観 ようかん

11件 の用語解説(永観の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永観
ようかん

[生]長元5(1032)? 京都
[没]天永2(1111).11.2. 京都
平安時代の三論宗僧。幼くして出家し,三論,法相,華厳の学を修めた。 30歳で奈良の光明山にこもって修行すること 10年,要請されて京都禅林寺 (永観堂) に住し,三論,浄土教の宣布に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えいかん【永観】[人名]

ようかん(永観)

えいかん【永観】[年号]

平安中期、円融天皇花山天皇の時の年号。983年4月15日~985年4月27日。

ようかん〔ヤウクワン〕【永観】

[1032~1111]平安中期の僧。浄土教の先駆者。法相(ほっそう)華厳三論を学んだが、念仏三昧(ざんまい)に転じた。東大寺別当を務めたのち禅林寺に住し、念仏を布教。著「往生拾因」「往生講式」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永観 ようかん

1033-1111 平安時代中期-後期の僧。
長元6年生まれ。京都禅林寺(永観堂)の深観(じんかん)について出家。東大寺で受戒し,有慶らに三論,法相(ほっそう),華厳(けごん)などをまなぶ。山城(京都府)光明山寺にこもったのち禅林寺にもどり,念仏にはげみ,浄土教の布教につくした。康和2年東大寺別当。天永2年11月2日死去。79歳。京都出身。俗姓は源(みなもと)。「えいかん」ともよむ。著作に「往生講式」「往生拾因」など。
【格言など】みな人を渡さむと思ふ心こそ極楽にゆくしるべなりけれ(「千載和歌集」)

永観 えいかん

ようかん

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

永観

没年:天永2.11.2(1111.12.4)
生年:長元6(1033)
平安後期の浄土教の僧。「ようかん」ともいう。法然に先立ち専修称名を唱えたことで有名。文章博士源国経の子。京都東山の禅林寺の深観に師事して真言,三論,華厳,法相の各宗を学ぶも,光明山寺に隠遁。のちに禅林寺に住み,さらに白河院の要請で康和2(1100)年,東大寺別当となった。前別当の経範が大衆に不法を訴えられた跡をうけたものだが,よく経営に努めて東大寺の中世寺院としての基礎を築き「能治の永観」と称された。別当を辞したのちは,禅林寺にあって念仏の教えに励み,京中の人々に念仏を勧めて迎講を行ったり,悲田院の病人や獄の囚人などの救済に当たった。浄土宗八祖のひとりに数えられ,浄土に往生した往生人としてもよく知られ,その行動は多くの説話集に載る。なお禅林寺の通称の永観堂はこの永観にちなむ。<著作>『往生講式』『往生拾因』<参考文献>井上光貞『新訂日本浄土教成立史の研究』

(五味文彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えいかん【永観】

えいかん【永観】

年号(983.4.15~985.4.27)。天元の後、寛和の前。円融・花山かざん天皇の代。

ようかん【永観】

1033~1111) 平安後期の僧。浄土教興隆の先駆者。南都で三論などを学び、三〇歳のとき浄土信仰に入った。のち京都の禅林寺に住し、三論および浄土教を説き念仏を広めた。著「往生拾因」「往生講式」など。えいかん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

えいかん【永観】

日本の元号(年号)。平安時代の983年から985年まで、円融(えんゆう)天皇、花山(かざん)天皇の代の元号。前元号は天元(てんげん)。次元号は寛和(かんな)。983年(天元6年)4月15日改元。旱魃(かんばつ)や御所の火災などの凶事を振り払うために行われた。984年(永観2)、円融天皇が退位し花山天皇が皇位を継承した。◇「えいがん」とも読む。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の永観の言及

【教信】より

…教信の往生は,往生伝や説話に収録され,広く知られた。院政期南都の浄土教家永観は,教信を念仏者の理想像として,《往生拾因》に詳しく述べた。親鸞はつねに〈われはこれ賀古の教信沙弥の定なり〉と語り,非僧非俗の範としている。…

【講式】より

…数段にわけられた創作的な講式文や,ときには歌讃(声明(しようみよう))なども加えられて,仏菩薩や高僧などの徳を讃嘆したり,特定の信仰や行業を勧化する。たとえば永観の《往生講式》は発菩提心,懺悔業障,随喜善根,念仏往生,讃嘆極楽,因円果満,回向功徳の七門にわかって,往生極楽の宗教心を高揚し,念仏行を策励する。この講式を法則として営まれたのが往生講である。…

【慈善事業】より

…【舟尾 好正】
[中世]
 中世における慈善事業の中心となっていたのは,仏教者が慈悲行・布施行(ふせぎよう)の実現を目的とする形で,乞食非人と呼ばれた人々に非人施行をすることであった。その最も早い時期の宗教活動家としてあげられるのは,東大寺別当となった永観(1053‐1132)を中心とする平安末期の浄土教の聖であろう。永観は京都禅林寺の梅の実を薬王寺の病人に施与してこれを救済したので,その梅の木は悲田梅と呼ばれたといわれている。…

【禅林寺】より

…京都市左京区にある浄土宗西山禅林寺派の総本山。山号を聖衆来迎山,院号を無量寿院といい,一般には永観堂の名で親しまれる。空海の弟子真紹は仁明天皇の厚遇に報いるため河内の観心寺に五仏を安置したが,辺地の縁に乏しいことを嘆き,855年(斉衡2)上表して藤原関雄の東山の山荘を買得し,一宇を建立して五仏を安置し,鎮護国家の道場としたのが初めである。…

【往生講式】より

…東大寺三論宗永観(ようかん)撰。1079年(承暦3)または96年(永長1)の作。…

【往生拾因】より

…東大寺三論宗永観(ようかん)撰。1103年(康和5)の成立と伝える。…

※「永観」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

永観の関連キーワード宝如上人国風文化良忠阿弥陀如来指方立相善導流浄土教版清海澄円浄土論註

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永観の関連情報