コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

護持院 ゴジイン

デジタル大辞泉の解説

ごじ‐いん〔ゴヂヰン〕【護持院】

東京都千代田区神田錦町にあった真言宗の寺。元禄元年(1688)徳川綱吉が湯島の知足院を移したのに始まる。開山隆光。幕府の祈願所となったが、享保2年(1717)焼失。寺名を音羽の護国寺本坊に移した。→護国寺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

護持院【ごじいん】

江戸神田橋外にあった真言宗の寺。1688年隆光が徳川綱吉に請い,それまで湯島にあった知足院を移建したもの。寛永寺と並ぶ大伽藍(がらん)を造築したが,1717年焼失。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごじいん【護持院】

江戸神田にあった真言宗豊山派の寺。元禄山と号したが今はない。1688年(元禄1)湯島の知足院を神田橋外の武家屋敷の地に移し,寺観も一新して護持院と改めた。開山は知足院の隆光で,彼は将軍綱吉に認められ権僧正に任ぜられた。91年には朱印1500石の寄進を受け,院家に列し,関東真言宗新義派の総録とされた。翌92年隆光は大僧正に昇進し,96年に元禄山護持院の号を賜った。将軍とその生母桂昌院参詣は前後数十度に及び,その庇護のもとで寺門は隆盛を極めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごじいん【護持院】

江戸神田橋外(今の千代田区神田錦町)にあった真言宗の寺。山号は元禄山。1688年徳川綱吉が湯島の知足院を移して護持院と改称した。開山は隆光。1717年焼失、焼け跡は火除け地となり、護持院ヶ原と呼ばれた。寺名を音羽おとわの護国寺内の本坊に移したが、明治初年に護持院の名称も消滅した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

護持院
ごじいん

東京都千代田区神田錦(にしき)町にあった新義真言宗の寺。1688年(元禄1)、徳川5代将軍綱吉(つなよし)の帰依(きえ)を受けた隆光(りゅうこう)(1649―1724)が湯島の知足院(ちそくいん)を移したのに始まる。1695年幕府の祈願所となって護持院と改称した。隆光は真言宗新義一派の僧録司(そうろくす)となり、命を智山(ちざん)派と豊山(ぶざん)派に伝えたため、以後、護持院は智豊両山の上位にあってその威を誇ったが、綱吉の死後は隆光も去り、しだいに衰微した。1717年(享保2)焼失すると、幕府はこれを音羽(おとわ)(文京区大塚)の護国寺に合併し、本坊を護持院と称したが、明治以後その寺名も廃された。[勝又俊教]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の護持院の言及

【護国寺】より

…亮賢は上野国八幡別当大聖護国寺の住持で,綱吉の安産を祈って験があったといわれる。同じころ,将軍母子の帰依を受けて隆盛を極めていた護持院が,1717年(享保2)の大火で灰燼(かいじん)に帰すと,幕府は再興を許さず,その地を合併して当寺を護持院と改め,境内の観音堂を護国寺と改称させてしまった。しかし明治の初め,両寺は合併して護持院は廃寺となり,当寺に統合された。…

【隆光】より

…88年(元禄1)には神田橋外に5万坪の地を賜り,知足院をここに移した。91年僧正となり,95年には寺領500石を加えて1500石となり,寺名を護持院と改め,新義真言の僧録を命ぜられ,隆光は大僧正に昇った。将軍綱吉と生母桂昌院に取り入り,〈生類憐みの令〉も実子を強く望む綱吉に彼が勧めたものと伝えられるが,同令が年とともに極端にはしったことに深く関与していると考えられている。…

※「護持院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

護持院の関連キーワード太山寺(愛媛県)護持院ヶ原の仇討護持院原の仇討川井 清一郎尭然入道親王大峰山寺境内隆慶(1)隆光(2)草臥れ休み護持院ヶ原歴史小説秋元喬知火除け地新薬師寺乙訓寺根来寺超昇寺栄性公慶覚眼

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android