コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷口古墳 たにぐちこふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷口古墳
たにぐちこふん

佐賀県唐津市の玉島川河口付近の丘陵に立地する前方後円墳。全長約 90m,後円部半径約 30m,前方部幅約 24mで,後円部に東西に並んだ2基の竪穴式石室がある。おのおのに石棺があり,三角縁神獣鏡,石釧,刀剣,鉄鏃などが発見されている。およそ5世期前半頃のものと推定される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たにぐちこふん【谷口古墳】

佐賀県東松浦郡浜玉町谷口に所在する前方後円墳。松浦湾の南東辺に位置する城山の山麓に,ほぼ南西面して築かれる。全長90m,後円部径30m,前方部幅24mを測る。葺石(ふきいし),埴輪をみる。1908年に後円部を掘開し,長持形石棺を内蔵する竪穴式石室2基を発見した。破損が著しい西石室は,石棺を取りだしたのち埋め戻したので,詳細を知りえないが,完存する東石室は,2.9m×1.6mを測り,四壁を持ち送りして,天井石を架構しない特異な構造を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

たにぐちこふん【谷口古墳】


佐賀県唐津市浜江町にある古墳。唐津平野の東端にある標高535mの十坊山(とんぼやま)から南西に派生する標高20~40mの丘陵上にある前方後円墳。1941年(昭和16)に国の史跡に指定された。古墳の全長は77m。後円部に長持ち形石棺を安置した2つの石室をもち、前方部に舟形石棺を埋納。2つの石室は従来は竪穴(たてあな)式石室とされていたが、1989年(平成1)の調査で、前方に入り口をもつ竪穴系横口式石室であることが判明。また、その際出土した円筒埴輪(はにわ)片から4世紀末ごろ築造されたこともわかり、竪穴系横口式石室をもつ最古の古墳であることが明らかになった。出土品には銅鏡7面、石釧(いしくしろ)11個、鉄器類、玉類などがあり、長持ち形石棺とともに豪華で、畿内(きない)的な要素を色濃くもつ一方、横口式石室という朝鮮半島古墳文化の流入と、その展開を知るうえで重要な古墳といわれている。JR筑肥線浜崎駅から徒歩約20分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報