コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊似湖 トヨニコ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊似湖
とよにこ

北海道中南部、日高(ひだか)振興局管内のえりも町にある小湖沼。長径300メートルほどの馬蹄(ばてい)形をし、原生林に囲まれる。初夏の新緑、秋の紅葉(もみじ)で知られ、ヒメマス釣りが行われる。日高山脈襟裳(えりも)国定公園の一部。海岸の小集落目黒から猿留(さるる)川沿いに約8キロメートルで達する。[柏村一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊似湖の関連情報