コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本綱太夫 たけもとつなたゆう

世界大百科事典 第2版の解説

たけもとつなたゆう【竹本綱太夫】

義太夫節の太夫。8世まである。(1)初世(?‐1776(安永5)) 2世竹本政太夫門弟。竹本座退転後,世話物の改作上演を手がけた。(2)2世(?‐1805(文化2)) 前名4世竹本紋太夫。1782年(天明2)2世襲名。《合邦》など東風系統の曲を西風に改曲して復活上演を行った。いわゆる綱太夫風は,この2世を中心にして,3世までで確立したものと考えられる。(3)3世 生没年不詳。18世紀末期から19世紀初期に活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹本綱太夫
たけもとつなたゆう

義太夫節(ぎだゆうぶし)の大夫。名人上手が続出した名跡(みょうせき)である。[倉田喜弘]

初世

(?―1776)2世竹本政太夫の門弟で、1761年(宝暦11)に竹本座へ出演した。[倉田喜弘]

2世

(1748―1805)『摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)』や『中将姫古跡(ちゅうじょうひめこせき)の松』を流行させ、猪熊(いのくま)の綱太夫といわれた。[倉田喜弘]

3世

(生没年未詳)飴屋(あめや)の綱太夫で、『艶容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ)』「酒屋」の段、『勢州阿漕浦(せいしゅうあこぎがうら)』などで一世を風靡(ふうび)した。[倉田喜弘]

4世

(?―1855)江戸堀とよばれ、1812年(文化9)以来、大坂と江戸で名声を博した。[倉田喜弘]

5世

(生没年未詳)1830年代(天保年間)に出座。対馬太夫(つしまだゆう)から綱太夫を継いだのは68年(明治1)で、主として京都で活躍した。以上はすべて櫓下(やぐらした)級の実力者といえる。[倉田喜弘]

6世

(1840―83)『卅三間堂棟由来(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)』や『傾城阿波鳴門(けいせいあわのなると)』を流行させた江戸っ子。[倉田喜弘]

7世

2世竹本津太夫の後名。[倉田喜弘]

8世

(1904―69)本名生田巌(いくたいわお)。豊竹山城少掾(とよたけやましろのしょうじょう)の門弟で、昭和中期を代表する名人。1947年(昭和22)8世綱大夫を襲名。『心中天網島(しんじゅうてんのあみじま)』「河庄(かわしょう)」の段、『冥途の飛脚(めいどのひきゃく)』「封印切(ふういんきり)」の段といった近松物はもとより、古典の継承、文楽(ぶんらく)の発展に力を注ぎ、55年重要無形文化財保持者に認定された。著書に『でんでん虫』『かたつむり』がある。[倉田喜弘]

9世

(1932― )本名尾崎忠男(おざきただお)。父は義太夫節三味線をつとめた鶴沢藤蔵(つるざわとうぞう)。1946年(昭和21)8世綱大夫に入門、竹本織の大夫(おりのだゆう)を名のる。竹本織大夫を経て、1996年(平成8)9世綱大夫を襲名。2007年重要無形文化財保持者に認定。近松物を得意とする。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

竹本綱太夫の関連キーワード野沢 喜左衛門(2代目)竹沢 弥七(10代目)竹本 津太夫(2代目)竹本 織太夫(2代目)豊竹 岡太夫(6代目)鶴沢 清六(4代目)竹本長門太夫(3世)豊沢 仙糸(4代目)松本 白鸚(初代)竹本津太夫(2代)竹本綱太夫(3代)竹沢弥七(10代)竹本氏太夫(4代)竹本紋太夫(4代)豊竹 山城少掾竹本 叶美太夫竹本津太夫竹本駒之助竹本山四郎鶴沢 藤蔵

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹本綱太夫の関連情報