コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恐喝罪 きょうかつざい Erpressung

6件 の用語解説(恐喝罪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恐喝罪
きょうかつざい
Erpressung

人を恐喝して財物を交付させたり,財産上不法の利益を得たり,他人にこれを得させる罪 (刑法 249) 。恐喝罪は暴行や脅迫を手段とする点で強盗罪に類似するが,強盗罪における暴行,脅迫が相手方の反抗を抑圧する程度の強度なものであることを必要とするのに対し,恐喝罪のそれは反抗抑圧の程度にいたらないものという点で区別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょうかつ‐ざい【恐喝罪】

人を脅迫して財物を交付させ、または財産上不法の利益を得たり、他人に得をさせたりする罪。刑法第249条が禁じ、10年以下の懲役に処せられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

恐喝罪【きょうかつざい】

人を恐喝して財物を交付させ,または財産上不法の利益を得もしくは他人に得させる罪(刑法249条以下)。10年以下の懲役。未遂も処罰。恐喝とは財物等を供与させる手段としての脅迫であり,相手の反抗を抑圧する程度に至れば(強盗罪)が成立する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きょうかつざい【恐喝罪】

人を恐喝して,財物または財産上の不法な利益を交付させる罪で,10年以下の懲役に処せられる(刑法249条)。恐喝とは,財物などを交付させる手段として行われる脅迫で,被害者にはまだ交付するだけの意思の自由は残っている程度のものをいう(意思の自由が完全に抑圧され,まったく反抗のできない状態になっているときには,強盗罪となる)。脅迫罪における脅迫は,恐喝者自身が直接に害を加えるという内容である必要はない。第三者の害悪行為に影響を及ぼしうる立場にあることを示せば,恐喝となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょうかつざい【恐喝罪】

人を威嚇いかくして財物を交付させ、または財産上不法の利益を得たり、他人にこれを得させたりすることによって成立する罪。未遂も処罰される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恐喝罪
きょうかつざい

他人を脅して財物を交付させたり、財産上不法の利益を得、または他人にこれを得させる罪(刑法249条)。恐喝とは、相手に恐怖心を抱かせ、その瑕疵(かし)ある意思(詐欺、強迫によって強いられた意思)により財産的処分行為をさせることである。したがって、相手の反抗を抑圧する程度の暴行・脅迫を手段とする場合は、もはや処分行為=意思があるとはいえないから、本罪ではなく強盗罪にあたる。このように、恐喝罪は、相手の瑕疵ある意思による処分行為をさせる点において、詐欺罪と罪質を同じくする。しかし、相手に瑕疵ある意思を生じさせる手段において、恐喝罪は相手に恐怖心を抱かせるのに対して、詐欺罪の場合には欺罔(ぎもう)(虚偽の事実を信じさせること)により錯誤を生じさせる点で両罪は区別される。
 ところで、恐喝罪は、権利行使のために恐喝手段を用いた場合にも成立しうるかが争われている。たとえば、債権者が債務者から債権を取り立てるため恐喝した場合がそれである。この点につき、通説・判例は「手段は目的を正当化しない」という法格言を援用して、本罪の成立を肯定するが、債権行使である以上財産犯は成立しえないとして、せいぜい恐喝の手段が暴行罪または脅迫罪の限度で処罰されるにすぎないと解する見解もある。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恐喝罪の関連キーワード行政財産強盗罪詐欺罪不法原因給付財産相続財物準詐欺罪暴力行為等処罰法財産上の給付(承諾料)脅迫と強迫

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

恐喝罪の関連情報