コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴船の本地 きぶねのほんじ

世界大百科事典 第2版の解説

きぶねのほんじ【貴船の本地】

御伽草子。絵巻奈良絵本で多く伝来しており,一本ごとに叙述出入りがある。本三位中将宣旨により,花の都のみめよき女を迎えるが,心にかなう人がなく,みな難をつけて返し,その数は3年間に560人に及んだ。帝の御前で扇くらべの催しのおり,扇に描かれた女房の絵を見て恋に陥り,その絵師を尋ねて女房に逢おうと決心し,二相通力(つうりき)の大殿おおいとの)に参り,鞍馬の奥にある鬼国(きこく)の大王の乙娘(おとむすめ)で13歳の〈こんつ女〉であることを知らされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貴船の本地
きぶねのほんじ

御伽草子(おとぎぞうし)の本地物の一つ。室町時代後期の古写本があるから、このころには成立流布していた物語である。貴船大明神に祀(まつ)られる神々の縁起由来譚(ゆらいたん)で、当時行われていた説話や民間伝承(昔話「絵姿女房」)を巧みに組み合わせている。末尾に五節句の由来を説いており、節分の豆撒(ま)き行事について考えるうえで不可欠な資料でもある。ちなみに同旨の記事が室町後期の百科辞書『嚢鈔(あいのうしょう)』巻1にみえる。
 寛平(かんぴょう)法皇の御時、都の中将定平は扇絵の女房に恋するようになり、鞍馬(くらま)山僧正に、谷の岩屋の奥にある鬼国の大王の娘乙姫(おとひめ)がこの絵姿女房にも勝ると教えられる。やがて鞍馬の毘沙門天(びしゃもんてん)の示現を得て姫と出会い、鬼国への供を願う。鬼の大王は人間の中将を差し出せと迫るが、姫が身代りになって父の餌食(えじき)となり、中将は難を逃れ、日本国へ立ち帰る。その後、中将の叔母に女子が生まれるが、この娘こそ乙姫の生まれ変わりであった。その左手には別れたときに姫が残した形見の帯の切れ端があった。中将は喜び、今生の契を結ぶ。これを知った鬼の大王は節分の夜に2人を襲うが、宮中で追儺(ついな)の行事をしてこれを退けた。その後、姫は貴船大明神と顕現し、中将も客人神(まろうどがみ)となって顕(あらわ)れ、人々の恋路の守護神になった、という物語。[徳田和夫]
『『室町時代物語大成4』(1976・角川書店) ▽松本隆信「中世における本地物の研究 5」(『斯道文庫論集16』所収・1979・慶応義塾大学)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

貴船の本地の関連キーワード本地物

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android