コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

費やす ツイヤス

デジタル大辞泉の解説

ついや・す〔つひやす〕【費やす】

[動サ五(四)]
あることをなしとげるために金銭・時間・労力などを使う。また、使ってなくす。「歳月を―・して完成したダム」「いたずらに時間を―・す」
疲れ弱らせる。
「その物につきて、その物を―・しそこなふ物、数を知らずあり」〈徒然・九七〉
[可能]ついやせる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ついやす【費やす】

( 動五[四] )
金銭・時間・労力などを使う。また、使ってなくす。 「三年を-・して完成」 「この事業に全財産を-・した」
浪費する。 「…に時間を空しく-・した」
疲れ弱らせる。 「今は程なき浮世に心を-・しても何かはせんなれば/平家 3」 〔「ついえる」に対する他動詞〕
[可能] ついやせる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

費やすの関連キーワード寧ろ百夫の長と為るも一書生と作るに勝れり下手の考え休むに似たりルトガー ハウアージョージ[4世]即時通関制度一挙手一投足時刻を回らす道草を食う暇に飽かす無いもせぬ時刻を移す手を掛ける余裕パス暇を潰す千言万語有閑階級待ち時間嵯峨源氏日一日日並ぶ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

費やすの関連情報