コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイ

百科事典マイペディアの解説

賽【さい】

〈采〉〈骰子〉とも書き,〈さいころ〉ともいう。立方体に1〜6の目を刻み,すごろく賭博等に用いる遊具。材料は象牙,骨,木,プラスチック等で,天地四方をかたどり,1が天,6が地,5が東,2が西,4が南,3が北を表し,対応する両面の数の和が7になる。
→関連項目博打

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さい【賽】

すごろくや賭博などに用いる道具。現在一般的に使われているのは,立方体の各面に1~6の点を記し,1の裏が6,2の裏が5というように両面の和がいずれも7になるように配したもの。〈さいころ〉ともいい,英語のダイスdiceにあたる。最も原始的な賽には,古代で神前に犠牲として捧げた動物のくるぶしの骨を用いたアストラガルスastragalsがある。ほぼ六面体で2面が湾曲しており,ふると四つのいずれかの面が上に向くようになっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

賽の関連キーワードパールバック旧居ダイス(遊戯)調食み・重食み采・賽・骰子鹿の子切り霰羹・霰羮目を起こす生凍り豆腐回り双六目が出るクルトンお礼参り骰子一擲太太神楽将軍の賽樗蒲一強意見乞ひ目霰生薑言ふ目

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賽の関連情報