コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香我美 かがみ

2件 の用語解説(香我美の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香我美
かがみ

高知県東部,香南市北・東部の旧町域。香長平野の東部にある。 1955年岸本町と徳王子村,山南村,山北村の3村および西川村,東川村の各一部が合体して香我美町が発足。 2006年赤岡町,野市町,夜須町,吉川村と合体して香南市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香我美
かがみ

高知県中東部、香美(かみ)郡にあった旧町名(香我美町(ちょう))。現在は香南(こうなん)市の中部を占める地域。高知平野の東部に位置し、土佐湾に臨む。旧香我美町は1955年(昭和30)岸本町と徳王子(とくおうじ)、山南(やまみなみ)、山北、東川、西川の5村が合併して成立。2006年(平成18)赤岡、野市(のいち)、夜須(やす)の3町および吉川村と合併して市制施行、香南市となった。国道55号(土佐浜街道)、土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線が通じる。平野部ではナス、キュウリの施設園芸とサツマイモの栽培が盛んであるが、近年は高知市への通勤者が増加している。また、半導体工場が進出し、工業団地もつくられている。山麓(さんろく)部の山北、山南地区では温州(うんしゅう)ミカンの栽培、山間部ではショウガの栽培が盛んである。海岸砂丘に位置する岸本は、西の香南市赤岡町と連続した市街地を形成し、早くから高知平野東部の商業中心地であった。『土佐日記』記載の宇多ノ松原は岸本付近の海岸とされている。天神の大スギは国指定天然記念物。2005年に安岡家住宅が国の重要文化財に指定された。[正木久仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

香我美の関連キーワード高知県香南市赤岡町高知県香南市香我美町高知県香南市香我美町岸本高知県香南市香我美町徳王子高知県香南市野市町大谷高知県香南市野市町土居高知県香南市野市町西野高知県香南市夜須町千切高知県香南市夜須町手結高知県香南市夜須町手結山

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

香我美の関連情報